2階ダイニングから3階階段を眺めた景色。キッチンと階段の間に洗面台がチラリ。

今回の舞台は25年前に建築家のお父様が建てられた家。

建築当初は1階に書斎があり、居住空間である2階も間仕切りのない開放的なものでした。その後、1階を賃貸仕様に変え2階に自分達用のお風呂など水回りを新設して運用をされていましたが、お父様から子世代へと受け継がれ新たな家庭が築かれるようになってから、手狭に感じたり不便な面が見えてきたそう。

建て替えも選択肢にあった中、できる限り現状の雰囲気を残して長く暮らしたいという想いから、初期の設計を踏襲するような形でリフォームを進めていきました。

工事前。中央に見える1階階段の左手から奥に伸びる壁でお風呂場とダイニングが仕切られている間取りでした。

工事後。間仕切壁を短く作り変えて、1階階段の周囲で回遊できる間取りに変わりました。

まずは居住空間である2階から見ていきます。

元々は洗濯機や風呂場などの水回りを含めた生活空間が全て2階に集約しており、収納や広さが不足気味でした。そこで、賃貸仕様の1階に水回り機能を移設して、設計当初のオープンな間取りに戻していきながら収納を増やすような改装を行うことに決定。

TV前のスペースは吹き抜けになっていましたが、床を貼り伸ばしてリビングを拡張し、壁面には『ウォールディスプレイパーツ』で可動収納棚を作りました。

特に冬場に寒さを感じやすい吹き抜けのあるリビングには床暖房を新設。3階でも採用されていたバーチの無垢フローリングを踏襲して、床も全体的に張り替えました。

無垢の足触りが良く、冬でもぬくぬくと過ごせる居心地のよいリビングに生まれ変わりました。

お風呂場が無くなったことで生まれた壁面にも、「ウォールディスプレイパーツ」で可動棚を作り収納を担保。最下段は奥行き浅めのデスク天板としても使えます。

2階洗面台。

家族みんなで使う洗面は、利便性から2階にも残しました。『洗面SETUP-01』を応用し、手元と足元に棚を増やすことで使い勝手もアップ。床に貼ったバーチのフローリングと素材感を合わせているので、さっぱりとまとまっています。

雰囲気たっぷりの窓から差し込む朝日が、お似合いの洗面空間です。

吊り戸棚も既存のもの。長いこと醸成された良い飴色です。

たっぷりとしたステンレスの天板がまるで厨房のようなキッチンは、レイアウトはそのままに本体を交換しアップデート。

ステンレスフレームキッチン』をベースに、『オーダーレンジフード』をサイズオーダーして壁にピッタリと納めました。

2階キッチン。中央の作業台はお施主さんがずっと使ってきたもの。

対面に構えるキッチンカウンターは『木製キッチンカウンター』と『オーダー吊り戸棚』のバーチを採用。壁には『ピクセルタイル』のホワイトを貼り「洗面SETUP-01」の雰囲気と合うようにまとめています。

潔くステンレスで仕上げられたキッチンですが、経年変化した飴色の木やバーチの柔らかい質感などのバランスが良く、全体的に温かみが感じられます。

1階水回り。乾燥機の奥は陽当たりのいいオープンスペース。

続いて1階の水回り空間へ。

1階はRCの造りなので、コンクリート現しの天井がなめらかに続き、どことなく閑静な雰囲気が漂います。2階とはまた違った趣に心が惹かれるのは私だけではないはず……!

洗濯設備のレイアウトは次のプロセスへと進みやすいように、シンク→洗濯機→乾燥機の順に配置してみました。乾燥機の奥のオープンスペースを家事室として使えば、もっと洗濯が捗りそうです。

洗面台のライニングには『古窯70角タイル』のアクアブルーをチョイス。『メタルフレームミラー』のアルミや『ボールライト』のブラック、水栓はタフに使える『ワーカーズ水栓』を組み合わせて、爽やかで清潔感のある仕立てに。

実験用シンクはお手入れもしやすく、汚れた靴なんかもガシガシ洗えそう。

窓際に『アイアンハンガーパイプ』があるので、洗い立ての洗濯物もすぐ干せます。

床にはサイザルを貼っています。天然の麻素材なので、なんと言っても足裏の踏み心地の良さが特徴。個人的にいつか自宅に取り入れてみたい素材のひとつです。

水回りへのドアは2階で使っていたもの。

こちらは玄関から水回りに通じる廊下スペース。玄関近くにオープンクローゼットがあると、帰ってきてすぐにリュックやコートがかけられて便利です。

廊下の明かりは『モデストレセップ』Mサイズのグレーを壁付けにして、空間に馴染ませました。

長い時間を過ごした家には、言葉では語れない無言の奥深さが熟成されているような気がします。それはきっと、そこで過ごした時間が家の記憶となり根付いていくからだと思うのです。

各所に残した家の記憶の断片と共に、これからの家族の思い出を紡いでいく。少しずつ手が加わり変化しながら、また新たな記憶が生まれ、ゆっくりと家に溶け込んでいくのでしょう。

世代を超えて住み継いでいく、そんな二世代目のリフォームの事例でした。

TBK
オーダーメイドリフォーム
自分好みの空間を、専属スタッフと一緒に実現するフルオーダーリフォーム
対応地域
東京23区および近郊
洗面SETUP-01
¥719,680〜
工期:4〜5週間
対応地域
東京23区 / 横浜市 / 川崎市

ツールボックス工事班|TBK

toolboxの設計施工チーム。

住宅のリフォーム・リノベーションを専門に、オフィスや賃貸案件も手がけています。
ご予算や目的に応じ、既存や素材をうまく活かしたご提案が特徴です。

 

オーダーメイドリフォームのご相談はこちら→TBKに相談する
リフォーム相談会定期的に開催中 詳細はこちら→コラムを読む

※毎週水曜日の13時から15時まで、東京・目白ショールームに施工チームがいます。工事に関するご相談も承っておりますので、この時間もご活用ください。

紹介している商品

LT-BR015-02-G141
¥2,650
WL-TL018-01P-G141
¥880/シート
SF-RK009-03-G239
¥20,500
SETUP-PR001-01
¥219,180~
担当:徳山

関連する事例記事

好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
「いろんなところに居場所が欲しい」「収納を多く取りたい」そんなご要望のもとに計画された新築の一軒家。お部屋の各所にオープン収納が設置されたお住まいをご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。