布目タイプは独特の表情が素敵。(焼麦色)

和?洋?既存概念に捕われるべからず

約7cm角という、よくある100角(10cm角)タイルよりは少しこぶりな正方形タイル。

釉薬で和の世界を表現しようと作られたシリーズなのですが、そこは使い方次第。

洗面にパールホワイトを合わせて爽やかに。

ツルっとしたタイルとはまた異なった表情で、一枚一枚ムラがあるのが特徴です。表面はフラットなタイプと、布目タイプがあります。

一枚ずつ、自然な色ムラと艶があるのが特徴。広い面に貼るのもおすすめです。(ミッドナイトブルー)

布目の魅力

布目というのは、縦糸・横糸が交差して出来る布の折り目のような模様のこと。焼物の素地に布を押し当てその柄を残す陶芸の装飾技の一つでもあります。

温かみのある白〜茶色にかけての色味の中で表現された布目模様のタイルたちは、和と言われれば和な世界観なのですが、リサ・ラーソンなど北欧の陶器のオブジェの世界観に似合いそうな表情をしています。

木との相性もよいと思いますので、カウンターの一部など、アクセント使いにもおすすめです。

布目は、布を押し当てて柄をつくります。(パールホワイト布目)

古窯70角タイルの全14商品