濃いグレーの目地を効かせて、パキっとした印象に。(艶あり二丁掛)

つるんと変わらないという魅力

キッチンや洗面台などの水廻りで白いタイルを使いたくなる理由。

水や汚れを日々へたれることなく弾き続ける硬派でひんやりした質感。他の素材にはない圧倒的な清潔感。やはり、そこに尽きるのではないかと思うのです。

白は定番が故にかなりの種類がありますが、toolboxのオススメは、どこか涼しげでクールな雰囲気を演出してくれる “フロスト = 霜” タイル。国産品で、「色味・サイズ・価格」の3拍子のバランスの取れている人気の一品です。

白目地で清潔感あふれる空間に。(艶あり二丁掛け)

どの雰囲気がお好き?

目地の組み合わせによって、かなり雰囲気が変わります。

トップの写真のようにニ丁掛に色の濃い目地を入れれば、パキッとした緊張感が生まれ、ニューヨークの街にあるガラスケースに惣菜が並ぶデリのような雰囲気に。

ステンレスはもちろん、木とも相性は良し。

濃いめの目地とステンレスの組み合わせで、ニューヨークのデリの様な雰囲気に。(艶あり二丁掛け)

白さが際立つ、目地なしで貼った事例。(艶あり小口平)

下の写真は、目地なしで貼ったもの。鋼管などのメタル素材と合わせると、男心をくすぐる実験室のような雰囲気にも。どの素材とも組み合わせやすい使いやすさが魅力です。

艶ありとマットがありますが、真っ白ではないので、 かえって他の素材との馴染みが良いのです。

実験室のような雰囲気に。(目地なし・艶あり小口平)

サイズ、目地と貼り方を選びましょう

ニ丁掛は、小口平の水平方向に約2枚分のサイズ。定番の小口平サイズに比べると、かなり横長ですので、広い空間だと水平面を強調した伸びやかな印象がつくれます。逆に、1mを切るような短い幅の柱や狭いコーナーでは、割り付けもしにくく、バランスが取りづらいので小口平の方がオススメです。ニ丁掛と小口平を組み合わせることもできます。

水周りですと、タイルの目地の汚れを気にされる方も多いと思いますが、二丁掛なら、サイズも大きめなのでモザイクタイルなどに比べると目地も少なくなります。一応そのあたりを参考にしつつ、やはり最後はお好みで。

目地には、縦のラインを揃えて貼る「芋目地」と、半分ずらして貼る「馬目地」があります。

タテヨコのラインが強調される芋目地で整った印象に。(艶あり小口平)

また、何色の目地を選ぶかによって、見た目の印象が大きく変わってくるので、汚れやメンテナンス性などを踏まえてお決めください。

 

担当:来生
関連カテゴリー

四角形タイルに関連する商品コラム

フォグタイル
フォグタイル
¥10,600/㎡
静かな世界に引き込まれ
わずかな色むら、マットな表情が静かな世界をつくりだしてくれる100角タイル。木と相性の良い落ち着きある色展開で、器の様な佇まいが魅力です。
レトロエイジタイル
レトロエイジタイル
¥6,800/㎡
艶渋の深み
釉薬たっぷり、深みのあるタイルです。サイズは、二丁掛と小口平の2種類。レトロな雰囲気はもちろん、色味によってシャープな空間にも。
古窯70角タイル
古窯70角タイル
¥6,300/㎡
窯焼きのムラ
焼物独特の表情を持つ約7cm角のタイルたち。釉薬、布目模様が特徴的です。
ラスティックタイル
ラスティックタイル
¥18,400/㎡
素朴を味わう
不揃いな四角形にでこぼこの表面。野暮ったいくらいの素朴さがチャームポイントのタイルです。空間に大らかな雰囲気をつくり出してくれます。