清々しい洗面空間づくりに(アルミ)

その場に一片、あるだけで

洗面空間の印象は、合わせるミラーでガラッと変わります。もっと言うと、壁と鏡面の間に、どんな素材を添えるかで、その場に漂う空気まで決まってしまうと思うのです。

『メタルフレームミラー』のある洗面空間に立つと、そんなことに気付かされます。

そこに一片あるだけで、適度な緊張感を与えてくれる金属。キリッと洗練された空間にまとめ上げ、訪れるたび、気持ちまで整う場所にしてくれます。

壁や棚板、周囲の仕上げをそっと引き立て、さりげなく上質に見せてくれる。洗面空間の引き締め役として取り入れたいミラーです。

ソリッドな印象の洗面室に合わせてキリッと。(鉄)

地味なところ、こだわりました

ミラーを選ぶ時、フレームの素材やフォルムだけでなく、その「つくり」にまで着目したことはありますか?私自身、比べてみるまでは気にも留めていませんでしたが、実はミラー自体の印象を左右する大事なポイントだったんです。

そもそも、金属を使ったミラーは、コストや軽量化の観点から、薄い金属板を折り曲げてつくられるのが一般的。一見、厚みがあるように思えてもその中身は空洞です。

一方「メタルフレームミラー」は、肉厚のフラットバーを組んで、フレームにするという、少し贅沢な手法でつくられています。正面から見た厚みは5mm、横から見た時の幅は25mmと、過度に主張はせずとも、目に留まる存在感です。

ぎゅっと詰まった量感が出せるのはこのつくりだからこそ。材の断面をダイレクトに活かした潔さと相まって、空間に、より洗練された印象を与えてくれます。

肉厚なフラットバーを、そのままフレームにした贅沢なつくり。(鉄)

きらりと光る個性を引き出して

無垢板の棚など、ラスティックな素材とも好相性。(アルミ)

せっかく金属を使うのならば、その金属が持つ本来の表情を立たせたいと、仕上げにもこだわりました。

「鉄」は、高温で熱することで表面に酸化被膜を発生させる「黒皮鉄」の板材を採用。焼付塗装やメッキ塗装では隠れてしまう、傷や色ムラをそのままに、自然な風合いを大切にしました。

無骨な味わいがありながら、チャコールグレーの色味がどこか柔らかな印象も与えてくれます。

傷や色ムラのある、自然な風合いが魅力です。(鉄)

手作業で磨きをかけて、渋みを感じる表情に。(アルミ)

鈍い光沢が渋みを感じさせる「アルミ」と、品のあるくすみが楽しめる「真鍮」は、よくあるピカピカの質感にならないよう、手作業で磨きをかけています。

さらに、角の加工にもうひと手間。溶接して接合部を滑らかに削ることで、継ぎ目のない仕上がりに。

特に明るい色味の金属は、少しの継ぎ目でも目立ってしまいます。ノイズを取り除くことで、より素材そのものの色味や質感が楽しめるようにしています。

どの素材も、水回りで使うことを考慮し、錆対策としてマットな質感のクリア塗装を施しました。