マンションオーナーのお客様からご依頼いただいた、空室となったお部屋のリフォーム事例をご紹介。

内装や水回りは更新が必要でしたが、一方でレトロな魅力が残る物件でした。

その既存の内装に寄り添い、流れを汲んでいくようなリフォームを計画しました。

before。キッチンと和室が、間仕切り壁で区切られていました。

afterは間仕切り壁を撤去し、広いLDKに。

まず最初に目を引いたのは、キッチン側のガラス引き戸。

オーナーさんからも、是非これは生かしたいというお話をいただいたので、『ウッドウォールパネル タモ 柾目』を一面に張り上げて、引き戸と合わせて塗装をすることで、一体感のある印象的な壁面に仕上げました。

お部屋を区切っていた袖壁は、撤去することでダイニングテーブルもおける空間に。

眺望もひらけていたので開放感のあるLDKになりました。

2つの掃き出し窓があった壁面は全体的にふかし壁を作り、一方を腰窓としています。

こうすることで、腰窓側にはソファなどの家具や植栽を置くことができるようになり、空間の使い方の幅をグッと広げてくれます。

ふかし壁にはカーテンボックスを造り込むことで、スッキリとした印象の窓周りに。

白を基調としたキッチンに馴染むよう、『フラットレンジフード 壁付け型 W600 ホワイト』を採用。

キッチンは人大天板の白いキッチンに入れ替え、100角の白タイルで背面を仕上げています。

南側の窓から差し込む自然光も気持ちよく、作業スペースも十分。爽やかな気分でお料理が捗りそうなキッチンになっています。

ブラケットは『ウォールディスプレイパーツ』 のブラケットテーパーを使っています。

玄関にあった靴棚は撤去し、壁面に「ウォールディスプレイパーツ」を使って収納棚に。

棚板の高さを自由に変えられるので、靴だけではなく、少し背の高いものでも自由にディスプレイできます。

脱衣スペースを仕切り、かつ洗面台を設置するために立てた袖壁には、キッチンと合わせた100角タイルで仕上げ、アルミの鈍い光沢感が特徴の『メタルフレームミラー アルミ』を取り付けています。

棒棚受け 白ツヤ 角 180』を使い、収納スペースを確保しつつ、すっきりとしたトイレ空間に。

トイレの壁面は既存タイルを活かしてそのまま白塗装しています。

壁面に設置した『ステンレス丸座バー』はタオル掛けとして。白い壁面に合わせると、淑やかな印象を与えてくれます。

和室のbeforeとafterがこちら。印象が大きく変わったのがわかります。

昔ながらの和室天井と押し入れの枠材はそのまま活かし、押し入れの襖をラワンの造作建具に入れ替えました。

懐かしい雰囲気を残しつつも、リビングから続く空間全体のテイストを合わせています。

施工前は少し垢抜けない印象の空間でしたが、既存の間取りと古き良き趣きを踏襲した内装に変えつつ、水回りや玄関周りの使いやすさもアップデートすることで、落ち着きのある過ごしやすい空間にすることができました。

現場からは以上です。

TBK
オーダーメイドリフォーム
自分好みの空間を、専属スタッフと一緒に実現するフルオーダーリフォーム
対応地域
東京23区および近郊

ツールボックス工事班|TBK

toolboxの設計施工チーム。

住宅のリフォーム・リノベーションを専門に、オフィスや賃貸案件も手がけています。
ご予算や目的に応じ、既存や素材をうまく活かしたご提案が特徴です。

 

オーダーメイドリフォームのご相談はこちら→TBKに相談する
リフォーム相談会定期的に開催中 詳細はこちら→コラムを読む

※毎週水曜日の13時から15時まで、東京・目白ショールームに施工チームがいます。工事に関するご相談も承っておりますので、この時間もご活用ください。

担当:渋谷 / テキスト:白鳥

関連する事例記事

リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
ワイン好き夫婦がお家で美味しくワインを飲めるように作った、こだわりのオープンキッチンの事例をご紹介します。
偏愛と変化をおおらかに受け止める、築50年の“大きなおもちゃ”
偏愛と変化をおおらかに受け止める、築50年の“大きなおもちゃ”
30代夫婦のマンションリノベーション。ライフスタイルの変化に対応できる余白を残しつつも、お互いの好きなものをたっぷりと詰め込んだ、2人だけの秘密基地です。
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
「いろんなところに居場所が欲しい」「収納を多く取りたい」そんなご要望のもとに計画された新築の一軒家。お部屋の各所にオープン収納が設置されたお住まいをご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。