上質な大人の雰囲気に。(ニレ 無塗装にワトコのナチュラルクリアオイルで塗装)

改めて注目してます

白いシンプルな空間や、リノベーションで人気のコンクリート躯体あらわし仕上げの空間に、木の要素も加えてくつろぎ感を出したいという時に。羽目板のカジュアルな雰囲気ではなく、上質な大人の雰囲気をつくりたい……と探して、見つけ出したのがこちらの『ウッドウォールパネル』です。

コンクリート躯体あらわし仕上げが木で柔らかい雰囲気に。(ニレ クリア塗装)

実は、昔から親しまれてきた定番の内装材で、古い家の応接間やレトロな喫茶店などの内装に、この木目の化粧パネルがよく使われていました。実家の壁にもあった!と懐かしさを覚える方も少なくないのでは?

ただ、いまどきの木目の化粧パネルは、木目調のシートが貼られたプリント合板と呼ばれるものが一般的です。シート特有のつるんとした質感のイメージが強いと思いますが、このウッドウォールパネルの表面仕上げに使われているのは、本物の天然木。

天然木ならではの1枚ごとに異なる木目のおおらかな表情と、継ぎ目なくすっと伸びた幅違いの板が特長です。

狭い部屋の全体に貼ると昭和な世界観になってしまいがちですが、ポイント使いや素材の組み合わせ方次第で、レトロな味わいも残しつつ、今の時代に合う新鮮な表情をつくれることに着目。

従来品は木目が揃うように仕上げられていましたが、今回は天然木ならではの自然な木の表情をより感じられるよう、木目を揃えずにわざとランダムに仕上げたtoolboxオリジナル仕様で販売します。

すっきりモダンに見えるわけ

toolboxでは「5mm厚の足場板」や「スライスウッド」などの壁に貼ることができる板材が人気ですが、これらとの違いは、板材は板を1枚1枚壁に貼っていくのに対して、ウッドウォールパネルはW610×H2430mm又はW610×H1200mmのパネル状になっているということ。

ベニヤ下地に、薄くスライスされた天然木が貼られています。すっと縦に伸びた板は継ぎ目がなく、すっきりとした表情。

板のあいだは浅い溝が走っていて、このまっすぐなラインも空間に伸びやかさを与えてくれます。

仕上げに使っている天然木の樹種はニレとタモ。

「ニレ板目」は木目がはっきりしていて、板幅(はぎ幅)がランダムに4枚貼り合わさっており、軽やかな印象を生み出しています。

「タモ柾目」は木目があっさりしていて、板幅も等ピッチなので、色々な空間に合わせやすい表情をしています。

天然木の木目がすっと伸びる化粧パネル。(ニレ クリア塗装)(撮影:Masanori Kaneshita)

長さは2種類。DIY施工、好みに着色するのもおすすめ

幅が610mmなので1人でもパネルを持ちやすく、厚さも4mmと薄くて軽量。高さは2430mmとDIY向けの1200mmの2タイプを用意しました。

H2430タイプは、一般的な住宅の天井高さであれば、天井高さに合わせて端をカットするだけで、1枚で床から天井まで貼ることができます。

パネル状なので施工がしやすいです。

H1200タイプは、ヘッドボードや腰壁など、部分的なアクセントに使ったりと、DIYをするのは取り扱いやすいこちらがおすすめ。

ヘッドボードやDIYにはH1200タイプがおすすめ。(タモ 無塗装にワトコのナチュラルクリアオイルで塗装)

パネルの両端も溝加工になっていて、パネル同士を突き合わせて貼っていくだけで連続した仕上がりになります。プロの方はもちろん、DIYでの施工が簡単なところも特長のひとつです。

施工した時のことも記事にしているので、詳細を読んでみたいという方は下記からご覧ください。

細長いパネルを貼り合わせていくだけ!あっという間に壁の一部が板張りに。
壁面のアクセントとして人気の『ウッドウォールパネル』。今回は寝室のヘッドボードに使ってみました。

今回販売するのは、マットな質感のウレタンが塗られたクリア塗装品と、無塗装品の2種類。

無塗装品は、木部用のオイルやワックスなどで好きな色味に着色することができます。カットした端材で色味をテストしながら、お好みの雰囲気に仕上げてください。

無塗装品は好みの仕上がりに調整できます。(ニレ)

着色しながらも木目は感じられるように仕上げた事例。(ニレ)

塗装のイメージ

ベンジャミンムーアペイント Montpelier AF-555 エッグシェル(タモ)

ベンジャミンムーアペイント Storm AF-700 エッグシェル(タモ)