時間によって変わる、光と影の表情が楽しめる壁。(撮影:中村晃)

光と影で魅せる板壁

壁は、一日の中の「時間」を映し出す存在だと思うんです。ふと顔を上げた時、部屋を見渡した時。見つめた壁面に落ちる、朝の爽やかな光、昼の明るい日差し、夜の照明のほのかな灯り。刻々と変わっていく光と影の表情が、そこで過ごす「時間」を感じさせてくれる。

無垢の木の板から削り出した凹凸が、壁面に陰影をつくり出す『クラシックリブパネル』。ドラマティックに演出された光と影が、「時間」の質を高めてくれるウッドパネルです。

昼の様子。(ラウンド)

夜の様子。表情が変わります。(ラウンド)

由緒のある内装建材

表面に立体的な加工を施したこちらのウッドパネル。昔から使われてきた内装材で、音楽ホールや体育館などで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。成り立ちには諸説ありますが、デンマークの首都・コペンハーゲンにある放送局のために音響効果の向上を狙ってつくられたのが最初であると言われています。

空間に木のぬくもりと格調を与えてくれるその意匠性を、住空間にももっと取り入れることができたらと、住宅で扱いやすいサイズと形状で開発しました。

由緒ある壁材を住宅に。(ラウンド)

無垢の板から削り出される彫刻

ニヤトーというラワンに似た南洋材の一枚板から削り出したパネルは、「ラウンド」と「エッジ」の2種類。それぞれ10.5mmと15.5mmとしっかりした厚みがあり、無垢材ならではのあたたかみが感じられます。

無垢の一枚板を削り出してつくられています。

「ラウンド」は無塗装とツヤあり塗装の展開、「エッジ」は無塗装とマット塗装の展開です。パネル種類で塗装が異なるのは、それぞれの形状に似合う色味と光沢を追求した結果。

滑らかな曲線でできた凹凸が砂丘の風紋を思わせる「ラウンド」は、クラシックな佇まい。トラディショナルな雰囲気を生かして、塗装品は重厚感のあるミディアムブラウンで、光を受けると曲面の陰影が一層際立つ、ツヤあり塗装を施しました。

滑らかな曲線でできた凹凸が砂丘の風紋を思わせる「ラウンド」。

一方の「エッジ」は直線で凹凸を造形しており、シャープな雰囲気。「ラウンド」に比べて明暗のコントラストはマイルドです。塗装品はクリアーに近いライトな色味で、ツヤのないマットな塗装でカジュアルな印象に仕上げました。

「エッジ」は直線で凹凸を造形しており、シャープな雰囲気。

無塗装品はニヤトー本来の薄く赤みがかった色合い。クリアー塗装でナチュラルな色味に仕上げたり、グレイッシュな塗装で仕上げてみるのも、本来のクラシックなイメージとはひと味違う空間がつくれそうです。

無塗装品も用意しているので、グレイッシュな塗装で仕上げてみても。(エッジにキシラデコール ブルーグレイを塗装)

腰壁や壁の一面に。ポイント使いしやすいサイズ

溝の間隔は45mmピッチと狭いため、広い面に貼っても端正な印象。部屋の壁一面に取り入れたり、キッチンカウンターや腰壁の仕上げなど、ちょっと使いでも空間の雰囲気をガラリと変えてくれます。

キッチンカウンターの腰壁に。(ラウンド)

一枚のパネルは幅97mmで、パネル同士の実(さね)をはめ込んで貼っていく仕様。長さは2400mmと1200mmの展開。お届けがしやすく、現場でカットして貼るだけで施工できるサイズにしたことも、開発時にこだわったポイントです。

この壁の前で、ゆっくり本を読んだり、音楽を聴いたり、お酒を楽しんだり。光と影がもたらす悠然とした時間を堪能したくなる壁材です。

この壁を背景に、ゆったりと過ごしたくなる。(ラウンド)

(担当:山下 / テキスト:佐藤)