ログイン 新規登録
再販物件でも自分ごとで行う空間づくり

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2018.09.03

再販物件でも自分ごとで行う空間づくり

新しく始まる再販事業用のリノベーションパッケージ「ASSY BIZ COMPO」。その作られ方をご紹介します。

「自分達だったらどう住みたいか」

再販案件のリノベーションに取り組むとき、僕たちの設計はいつもここから始まります。
再販案件というのは、中古の物件を取得して改装を施し再び販売するプロジェクトなので、売れる物件を作ることが目的です。そのアプローチは、普通なら周辺ニーズ調査だとかマーケット分析から始めるのですが、僕たちは自分達の実体験からスタートさせます。

物件は、昭和54年築、坂道の突き当たりに建つ51㎡の角部屋です。
数年前に一度リノベーションされて売りに出された部屋を再度「ASSY」として手を加えてから販売するという依頼でした。
南側に面したところは所謂、先割れプランで洋室が2部屋に別れ、キッチンとダイニングの部屋はかろうじて日が入るところに位置しています。
この部屋を調査した印象は、部屋が細切れで狭く暗いという印象でした。
ここで、冒頭の問いに立ち戻ります。
「自分達だったらどう住みたいか」

左:BEFORE  右:AFTER

セオリーと自分の感覚を天秤にかける

元の間取りは「間数重視」というものです。洋室の数が多いことで、単身者から三人家族までが購入検討の対象者になります。たくさんの人の候補になることが、売りやすい物件のセオリーです。
けれども、僕たちは寝室を一部屋だけにしてリビングを広く取ることを選択しました。それは部屋の心地よさを最大限活かしたかったからです。せっかく二面採光が活かせる角部屋なのだから、これを物件の特徴にしない手はありません。

けれども、セオリーを無視して子供部屋が必要な家族をターゲットから外すというのは、実はとても勇気が要ります。
自分達が培ってきた空間体験としての感覚を拠り所に方針を決めるわけですから、根拠となるデータは持ち合わせていません。
それでも、これまで接してきたお客さん達の顔を思い浮かべながら、セオリーと感覚を天秤にかけ間取りを決めていきます。
それは、個人的な欲求を突き詰めていくと、ときにセオリーを超えて、たくさんのお客さんに響いていくことを知っているからです。

そこでの暮らしに寄り添うよう丁寧に形作る

写真に映る家具や小物はこちらでスタイリングさせてもらったものたちです。
ダイニングテーブルとソファをしっかり置くことができて、3つの窓から光が入るとても明るい部屋になりました。その光が届くようになったキッチンは、通路幅にゆとりを持たせてゆったりとさせています。
キッチンの背面には食器を並べる棚を設け、その下には奥行きのあるカウンター収納を置けるようにスペースを確保。
料理をする場所が自分好みのものでカスタマイズされていくことを想定して作られたキッチンです。

リビングのアクセントとして使った『ウッドウォールパネル』は、隠し扉になっていて、中は大容量の収納としました。
よくある間取りは、リビングに収納がありません。でも、リビングの近くに置いておきたいものは意外とたくさんあって、例えばかさばる掃除機とか、使うときには大きく広げたい季節のものとか、来客が多い我が家は折りたたみ椅子なんかもあります。
そういうものを、ごそっと突っ込んでおけるリビング収納はとても重宝します。

リビングの床は3種類の幅違いをミックスさせたフローリング貼りで遊び心を加えました。(ソリッドオークフローリング

窓上の『木製カーテンレール』は、ちょっとしたものを飾れるスペースとしても使えます。

物の定位置となる仕掛けを用意する

家の中には、収納するというには大げさだったり、その必要すらない頻繁に使う小さなものが、たくさんあります。

仕事から帰ったときの鍵やカバン、気に入っているけど、かさばる形状のドライヤー、出かける前に、さっと取り出したい帽子やサングラス。

家全体のことを考えていると、考えが及びにくい日常の些細な行動に寄り添うように、有孔ボードを活用して、自由に引っ掛けられる場所を用意しました。

眠る前の過ごし方を考える

最後にASSYで作られた寝室を紹介します。
ベッドに入ってまどろむ時間をみなさんはどう過ごしていますか。
本を広げたり、スマフォで記事を読んでいたり、眠りに落ちる前の時間は静かに過ごしたいものです。

用意されたヘッドボードは、そんな眠る前のお供を置く場所として寄り添います。
床に使われているカーペットは、寝起きの一歩目を柔らかく支えてくれます。

ASSYは、新たに『ASSY BIZ COMPO』として、再販事業用にサービスを開始します。
ただ、ここで紹介したように、個人宅の設計も、再販事業もスタンスに変わりはなく、生活者目線で仕上げていくことを心がけています。
興味を持たれ方は、ASSYならびにASSY BIZ COMPOにお問い合わせいただけたら嬉しいです。

(荒川)

関連するPin-up記事

2020.09.09

「理想」はつくれる

オンライン相談を活用し、あこがれの壁面本棚をDIYで施工した事例をご紹介します
2020.08.26

早朝の澄んだ空気

オンラインやショールームでやりとりを重ねたお客様より、シーチングカーテンいい感じ!とお便りをいただきました。
2020.08.17
プロ

カラフルと調和する家

色使いが素敵な空間に、シンプルな鉄の表情がなじんでいます。
2020.08.14
プロ

「ただいま」が聞こえるキッチン

築36年のマンションを、明るく気持ちよさそうにリノベーションした事例です。