「家は住んでからが大切。」という思いから、栃木県那須塩原市で、夏涼しく冬暖かい、一年中快適な“超高気密・高断熱”の住宅を提案されているRAKUYAさん。

この度、那須塩原駅から歩いて7分という駅前の区画に、「好きを詰め込むおもちゃ箱」をコンセプトに、移住者が心地よく暮らせるようにと区画全体が小さな街区となった8つの住戸が立つ分譲地を計画。

そのうちの一棟に当たるモデルハウスに、toolboxのアイテムをたくさん導入いただきました。都心からの移住者をターゲットにしたお家。どんなコンセプトのもと、どんなふうにtoolboxのアイテムたちが使われているのか。早速ご紹介していきます!

仕事と遊びが交差する。至るところで“ながらWORK”できる家

緑豊かな庭を囲むよう、くの字型に設計された変形平屋の住宅。大きな窓を通して外と内が緩やかにつながり、心地よい開放感が家の中を満たします。

自家製の野菜やハーブを育てたり、気の合う仲間を呼んでBBQをしたり。刻々と変化をする庭の様子を眺めているだけでも楽しめる、家の中にいながら自然と外に気持ちが向く環境です。

自然が身近になることで暮らしぶりが変わるのはもちろん、仕事に取り組む姿勢だって変わってくるような気がします。

たとえば、
アイデアを練る時には、庭を眺めながら開放的な環境で。
集中して作業したい時には仕事部屋に篭る。
ふと一息ついた時に目に飛び込んでくる自然にマインドがリセットされる。

都会の刺激とは異なる、自然がもたらす穏やかな刺激や遊びが閃きのフックになるような、遊びと仕事が共存する家にできたら。そんな思いから、家中に贅沢にワークできるスペースを散りばめました。

1. 外と中をゆるやかに繋ぐ、開かれたワークスペース

まずご紹介するのは、玄関からフラットに続く土間リビング。

扉を開け放てばそのまま庭とゆるやかに繋がり、家の中でありながら外にいるかのような気分を味わえる開放的なリビングスペースが広がります。素足で過ごしても靴のまま過ごしてもいい。高スペック住宅なので、足触りがひやっとすることもありません。

ダイニングからは段差を設けてフローリング仕上げに。段差に腰掛けて考えごとをしたり、談笑したりも出来そうです。

靴のまま通せる土間リビングなら、気軽にご近所の方をお誘い出来そう。他にも、外にいるかのような気分で仕事をしたり、ペットの遊び場にしたり。住まい手のアイデア次第で、様々な用途に活躍してくれそうなフレキシブルなスペースです。

続いてご紹介するのは、庭と繋がるインナーテラスのような多目的スペース。

お子さんの遊び場として、はたまた気分を変えて仕事をする場など、庭を眺めながらリラックスして過ごせる場所になっています。

閉じていても庭を感じられるよう、仕切りには『木製ガラス引き戸』を採用。

2. 家の真ん中にドーンと構える、変幻自在なキッチンワークスペース

那須といえば、美味しい高原野菜が有名。都心と比べて家で食事をする機会もきっと増えるから、思う存分腕を振るうことができるようキッチンを広めに設置し、合わせて用意したのは、大きな可動式のキッチンカウンター。

広めのキッチンに大きなカウンターという、十分すぎるワークスペースを兼ね備えたキッチン空間。

子供と一緒にパンをこねたり、庭で育てた野菜の下処理をしたり、カフェの雰囲気さながら庭から摘んできたハーブを使ってご近所の奥様たちにハーブティーをふるまったり。家事の合間に仕事をするのにも重宝しそうなスペースです。

可動式なので、様々な用途に利用可能。

庭へのアプローチも抜群。「ちょっとお庭にあるアレを摘んできて」なんて声が聞こえてきそう。

3. 篭って集中!仕事と遊びが共存する隔離されたワークスペース

離れの入口には木製のガラス引き戸を採用。「なんだろう?」と思わず覗き込みたくなるような興味を引かれるスペースです。

エントランスに目を向けると、「おや?」と気になる玄関の正面のもう一つの入口。なんとこのお家、「離れ」があります。

車でちょっと行けば、キャンプや登山、SUPなんかも楽しめる。新しい趣味を始めるにはもってこいの場所だからこそ、納戸のようなこんな自由に使えるスペースがあれば、思う存分趣味を育てていけそうです。

離れの床は『足場板』でラフに仕上げて。斜めに切り込むことで、空間に広がりを持たせています。

母屋と隔離された環境で集中して作業ができるようにと、ラックの脇にカウンターを設置。お庭の景色を眺めて一息つけるよう、目線の高さに合わせて小窓を取り付けています。

好きなものに囲まれながら作業に没頭できるワークスペース。

他にもワークできる場所を随所に散りばめています。

家事の拠点、ランドリースペースにもカウンターを設置。WTCのカウンターはドレッサーとしても活用できそうです。

水周りにも抜かりなく、作業スペースを設けています。

ちょっとしたディスプレイや携帯を置くのに便利なトイレのカウンター。

自然に馴染む素材選び

使用する素材に関しては、なるべく自然に溶け込むよう、全体的にトーンを抑えた掠れたテイストで簡素にまとめつつ、随所に木やタイル、アイアンなど、表情豊かな味わい深い素材を取り入れ、上質感のある柔らかな雰囲気に仕立てています。

玄関扉は木製の素材のものを採用。ダークグレーの外壁には、『デンマークポスト』と小ぶりな『タイニーブラケット照明』をアクセントに合わせています。

『ステンレスフレームキッチン』に合わせたのは、ムラのある深い青が印象的な『古窯70角タイル』。カウンターは『モルタル天板』と『クラシックリブパネル』の組み合わせ。

洗面は、青みを帯びたグレーの『水彩タイル』に、鉄製の『メタルフレームミラー』、木製のカウンター&アイアンの脚の『ワークカウンター洗面台』で構成。

建具も木製の素材感のあるものを。寝室の扉には『船舶ドアパーツ』のレバーハンドルが採用されています。

『クラシックリブパネル』、『木製パインルーバー折れ戸』、真鍮の『メタルラウンジライト』を合わせた寝室は、あえて窓を小さめにして落ち着いた雰囲気に。

都会だとスペースが限られるので、 合理的に作るしかないこともしばしば。

ワークと一口に言っても、考えに思いをめぐらせたり集中して作業したり、向き合う姿勢は様々です。 ゆとりのある土地、自然の環境があるからこそ作ることができた遊び心溢れる、仕事と遊びが共存する住まい。

テレワークが浸透したおかげで、住む場所の選択肢が広がった今。働く環境について考えさせられる、そんな事例でした。

OWN BOXモデルハウス

最寄り駅:JR東日本 那須塩原駅 徒歩7分
物件住所:栃木県那須塩原市沓掛(お申込みいただいた方へ後日詳細をお伝えします)

*ご興味ある方は「OWN BOXモデルハウス見学希望」と明記の上、こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
*お問い合わせフォームは本物件の設計施工を担当したRAKUYAのページとなります。

株式会社アルシス|RAKUYA

暮らしを「楽」にする住まいをコンセプトに、超高気密、高断熱住宅の”寒い冬は暖かく暑い夏は涼しく過ごせる”、Joy・kosシステムを採用した住宅を提案されている栃木県の工務店です。

紹介している商品

PS-TT010-02-G199
¥105,000
LT-BR015-02-G141
¥2,650
LT-BR015-05-G141
¥3,150
PS-BK001-01-G141
¥2,900/本
PS-TT009-02-G165
¥14,440(目安)
PS-TT009-04-G165
¥11,700(目安)
KB-AC008-21-G141
¥5,800
PS-BK005-04-G141
¥2,600/本
LT-PS008-38-G141
¥660
FL-OT001-08-G038
¥4,834/㎡
テキスト:八

関連する事例記事

「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
公園に向けて開く家
公園に向けて開く家
大きな公園に面した場所にあるマンションの一室をリノベーション。朝から晩まで、外の景色と共に過ごしたい日もあれば、ひっそり身を隠していたい時もある。そんな過ごし方を叶えてくれる工夫の詰まった住まいです。
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
自然の豊かさを享受できるロケーションと、カリフォルニアスタイルのコテージ。貸別荘で採用いただいた事例をご紹介します。