撮影:増田好郎

大阪市内に建つこの家は、築39年の鉄骨造の3階建て。「バイクを趣味とするオトナの二人暮らし」をコンセプトに、ガレージハウスに生まれ変わりました。

ガレージ部分はバイクを停める以外にも、アトリエやちょっとしたお店を開くスペースとしても使えそうです。

撮影:増田好郎

ガレージ兼玄関は、大型バイクを駐車してもまだ余裕があるくらい広々としています。

不思議な色の土間は、色粉を混ぜて淡いオレンジ色にしたモルタル仕上げ。「室内にあるガレージなので無機質過ぎず、雰囲気も柔らかくなるように」という意図からの工夫だそう。

撮影:増田好郎

ガレージスペースの隣にはターコイズブルーのタイルが鮮やかな洗面スペースと、ガラスドアのバスルーム。

脱衣スペースにさりげなく配置されている『カプセルライト』の柔らかい光が、お風呂後のリラックス効果をさらに高めてくれそうです。

撮影:増田好郎

2階にあるキッチンは、色味が異なる板を貼ったカウンターやアイアン金物の吊り棚が、バーカウンターのような雰囲気を醸し出しています。

和の雰囲気を感じさせる天井や壁は、リノベーション前の内装をそのまま再利用しているそうです。

バーカウンターと和室。意外な組み合わせですが、こうして形になってみると「あれ、良いな」と納得してしまいますね。

撮影:増田好郎

キッチンに使われているのは『ニッケルサテン水栓』に、『フラットレンジフード』。

IHコンロ前の壁には、『塗装のキッチンパネル』が貼られています。チタンシルバーの色味とマットな光沢が、既存の左官壁としっくり馴染んでいます。

撮影:増田好郎

3階は、襖や畳を撤去して床に木目調の長尺シートを貼ることで洋室に。

この部屋も、2階同様に和室の要素を残しています。長押がそのまま活用されていたり、押入れがあった場所をクローゼットにするなど面白い工夫が見られます。

撮影:増田好郎

最上階は屋上となっており、椅子やラグを持ち込めばアウトドアリビングの出来上がり。

日の光を浴びながら読書したり、お酒を飲んだり、妄想が止まりません。

ガレージを兼ねた玄関や、アウトドアリビングとして楽しめる屋上など、戸建てのポテンシャルを最大限活かしているこちらの賃貸物件。

都心居住といえばマンションのイメージがありましたが、リノベーションされた中古戸建てに住む、というのも大いにアリだと感じさせてくれる事例でした。

大阪市内は単身者やカップル世帯が多いのにもかかわらず、そうした人々向けの「戸建て」の賃貸物件はまだまだ少ないそうです。

好きなことに没頭する時間を最大限に楽しめる、そんな賃貸物件がもっと増えたらいいですね。

株式会社アートアンドクラフト

建築設計/施工/不動産仲介/建物再生コンサルティングのプロ集団です。
大阪・神戸・沖縄を拠点に、マンション1室からビル1棟まで既存建物の再生を得意としています。

大阪R不動産も運営しているtoolboxのグループ会社です。

テキスト:金富

関連する事例記事

飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
学芸大学に店舗を構え、国内の旬な食材を使った料理とイタリアのナチュラルワインを提供する繁盛店「リ・カーリカ」さん。その4店舗目としてオープンしたお店は、飲食店・SHOP・オフィス・ラボという4つの役割を果たす、いわば情報発信基地のような場所。様々な要素が混ざりあったお店の様子を早速ご紹介していきます。
里山の眺望を望める見晴らしの家
里山の眺望を望める見晴らしの家
周囲の豊かな景観を楽しめるよう、スキップフロアを取り入れた住まい。手触りが心地よいアイテムで彩られたこだわりの造作キッチンや素材感漂う空間づくりのポイントをご紹介します!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
ツールボックス工事班が工事を担当した、分譲戸建のLDKリフォーム事例です。 部分的にパーツを取り替えて、お直しするように自分好みの空間に整えました。
壁を立てずに家族との心地良い距離感をつくる
壁を立てずに家族との心地良い距離感をつくる
壁を立てて部屋を作るわけではなく、かといって全てが繋がりあった一室のワンルームでもない。部屋の中央に四角い箱を設置することで、家族3人のプライベートな空間を、状況に応じて能動的に作り出せるようにした建築家の事務所兼自邸の事例です。