鈍い光を放つ、シルキーな表情。

水栓を「仕上げ」で選ぶ

形状は数多あれど、あまり仕上げのバリエーションがないのが水栓。キッチンの面材を選ぶように、水栓の仕上げにも選択肢があっていいのでは?

ということで生まれたのが、こちらの『ニッケルサテン水栓』。toolboxオリジナル商品です。

世の中に多く流通している水栓の仕上げはクロムメッキ仕上げ。そのきらびやかな光沢と比べ、ニッケルサテン水栓は鈍い光を放つ、シルキーな表情。色味は少し黄色みを帯びているという特長があります。

キッチン用と洗面用のシングルレバー混合栓。2種類の展開となります。

手前ニッケルサテン水栓、奥クロムメッキ。

手仕事で仕上げています

ニッケルサテン仕上げのきめ細やかな表情は、職人の手によるもの。最後の仕上げの工程は一本ずつ手仕事で研磨しています。

単純なつくりに見えて、実はいくつものパーツを組み合わせて出来ている水栓。その小さいパーツをひとつずつ、丁寧に磨いているのです。

この仕上げの魅力は見た目だけではありません。実際に使ってみると、そのマットな表情ゆえ、水滴の水染みがあまり気になりません。毎日丁寧に磨き上げなくてもさまになる。そんな、日常に寄り添う側面も魅力的です。

一本ずつ職人の手によって作り出される、きめ細やかな表情。(撮影:中村晃)

毎日使うパーツだからこそ、キレイに保てる質感が嬉しい。

仕上げだけでなく、形にもこだわりました

キッチン用水栓は、コンパクトキッチンにも似合うやや小さめのサイズ。もともとはtoolboxオリジナルの『ミニマルキッチン』シリーズに似合う水栓を、と開発したもので、見た目のバランスと水はねを考慮して、スパウトと呼ばれる吐水口までのアームの高さは少し抑え気味に。

吐水口は真下でなく手前側を向くように斜めの角度をつけたりと、全体のバランスにも考慮しました。

洗面用水栓は、細身で直線的なシルエット。ミニマルなデザインの洗面器に似合います。

機能は、シンプルな形を生かすために必要最低限に。バーひとつで、温冷・水量が調整できるシングルレバー混合栓です。

吐水口までのアームの高さを少し低めにしています。

バーひとつで温度と水量の調節が可能と、機能もシンプルに。(撮影:中村晃)

水の出方は、泡沫吐水(ほうまつとすい)という、水に空気を含ませた柔らかな触感の水流方式で、水はねが少ないこともメリットです。

柔らかな触感の水流方式で水はねも少なく。

素材の組み合わせを楽しんで

例えば、コンクリート打放しの壁、モルタルのカウンター、古材をアクセントにした空間など、硬質な素材の空間は、鈍い光沢のニッケルサテン水栓を組み合せることで、落ち着いた大人の雰囲気に。『ホワイトミニマルキッチン』のような、マットで無機質な素材でつくる空間にも、このシルキーな表情がよく馴染みます。

オプション的な扱いになることが多い水栓ですが、実はキッチンや洗面の雰囲気を決める大事な要素。毎日使う場所だからこそ、形だけでなく、仕上げにもこだわって、ベストな組み合わせを選んでください。

モルタル天板と合わせて落ち着いた大人の雰囲気に。

(担当:椎野 / テキスト:来生)