キッチン・ダイニング・リビング・ベッド・ワークスペースが一体になったワンルーム。58平米あるのにワンルーム?最初に写真を拝見した時に不思議に思ったのですが、そのわけは「どこからでも猫を見ていられるように」という愛情からでした。

ホワイトのリネンやソファ、エイジング塗装した建具が、シャビーシックな雰囲気をつくっています。

腰壁や家具にラフな古材やインダストリアルな素材を使って、甘すぎないちょうどいいバランス。

キッチンの腰壁が空間をゆるく仕切って、生活感がでないレイアウトになっています。

シャビーシックなインテリアによく馴染んでいるのが、『フラットレンジフード』のホワイト。設備感のないミニマムな形状が違和感なく溶け込んでいます。

目立たないよう白く塗られることも多いダクトは、隠すのではなくあえてエイジング塗装をすることで、空間を格上げしています。

そして、天井下に設置されているのが、キャットウォーク。コの字に巡らされており、猫が広々と歩けるようになっているのです!

古材でつくったキャットウォーク。下面を白く塗装することで軽やかに見せています。それにしても可愛すぎる……。

キッチンにいても、ソファにいても、視線を向ければ愛猫がいる。1日のほとんどを過ごす場所を1箇所に集約することで、猫とできるだけ多くの時間を過ごせる家になりました。

両サイドにキャットタワー。のびのびと過ごして欲しいという思いが伝わってきます。

象徴的なトップオーバル窓は、既存の窓に内窓を取り付けたもの。丸みのある建具が世界観をつくり込んでいます。

ワークスペース脇の壁には、『ウォールディスプレイパーツ』で可動棚を設置。

黒皮鉄の被膜を落とした生地の状態の鉄でつくられたパーツなのですが、デスクにも古材をつかったラフな雰囲気によく合っています。

お施主さんが「ナイスアイデア!」と思ったというのが、パントリーの中につくった猫のトイレスペース。

パネルドアの下のパネルをくり抜いたので空間として違和感なく、猫は自由に出入りできます。中に換気システムを取り付けたため、ニオイも気にならないそう。

間取りにも工夫が。リノベ前は、玄関を入ってすぐ廊下があり、手前に勾配天井の納戸があったのですが、廊下をなくし、納戸とされていたスペースを“前室”としたのです。

左側の開口が玄関。右はウォークインクローゼットを通ってリビングに続きます。

デッドスペースとなりがちな納戸を導線に取り込むことで、猫の飛び出しが防止できたり、室温を一定に保てているそう。ウォークインクローゼットと玄関の間にあるので、身支度のスペースとしても活用できそう。

勾配天井には古材を貼って屋根裏部屋のような雰囲気に。ちょっと気分を変えたい時にも良さそうです。

そして、奥の扉の先は……と言いたいところですが、この先は窓。既存の窓にガラス入りの建具を合わせて空間に奥行きを出しているのです。

リビングのトップオーバル窓と同様に、既存の在り方にとらわれない面白いアイデアです。

リビングとウォークインクローゼットのどちらからも入れるレイアウト。

サニタリーはひとまとめに。トイレ壁の照明のゆらめきが雰囲気をつくっています。

そしてここにも、猫と生きる工夫が。リビングから仕切られた空間ではありますが、建具の上に小さな開口があるのに気づきましたでしょうか。

こちらはアクリルの窓になっていて、顔を出した猫を見られるようになっているんです。

お風呂上がりや身支度など、サニタリーで過ごす時間は意外と長いもの。そんな時も気配を感じられる素敵な工夫です。

よく見ると、ウォークインクローゼットに続く建具の上にもアクリルの窓が仕込まれています。

「どこにいても猫を見ていたい!」お施主さんの要望が様々な工夫で形になった、猫と生きるための家。潔いワンルームの間取りが、猫へのまっすぐな愛情を現しているように感じました。

ゼロリノベ(株式会社グルーブエージェント)

「大人を自由にする住まい」をコンセプトに、家を買うことで自由になる「家のさがし方」「家のつくり方」を提案するリノベーション会社。
東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に、資産性のある中古マンションの「物件さがし」から「リノベーションの設計・施工」までワンストップで提供しています。

テキスト:庄司

関連する事例記事

飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
学芸大学に店舗を構え、国内の旬な食材を使った料理とイタリアのナチュラルワインを提供する繁盛店「リ・カーリカ」さん。その4店舗目としてオープンしたお店は、飲食店・SHOP・オフィス・ラボという4つの役割を果たす、いわば情報発信基地のような場所。様々な要素が混ざりあったお店の様子を早速ご紹介していきます。
里山の眺望を望める見晴らしの家
里山の眺望を望める見晴らしの家
周囲の豊かな景観を楽しめるよう、スキップフロアを取り入れた住まい。手触りが心地よいアイテムで彩られたこだわりの造作キッチンや素材感漂う空間づくりのポイントをご紹介します!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
ツールボックス工事班が工事を担当した、分譲戸建のLDKリフォーム事例です。 部分的にパーツを取り替えて、お直しするように自分好みの空間に整えました。
壁を立てずに家族との心地良い距離感をつくる
壁を立てずに家族との心地良い距離感をつくる
壁を立てて部屋を作るわけではなく、かといって全てが繋がりあった一室のワンルームでもない。部屋の中央に四角い箱を設置することで、家族3人のプライベートな空間を、状況に応じて能動的に作り出せるようにした建築家の事務所兼自邸の事例です。