ツールボックス工事班が設計施工を担当し、リノベーションしたDIY可能な賃貸マンション。
大家さんから、その後入居したお客様が素敵な暮らしをしているという情報を入手し、興味を持った私たち。
早速お邪魔してきました!

最初に部屋に入った時、すっかり入居者さんの色に染まっているのに驚きました。
まずは、入居者さんがどんな考えがあってこの場所を借りたのか、お話を伺いました。

コロナで変わった環境。このままではダメだと思った。

入居されたのは個人でwebサービスを運営している荻野(おぎの)さん。
一緒に仕事をする仲間が複数人いて、対面でのコミュニケーションを大事にされています。そのため、もともとWi-Fiがあればどこでも仕事ができる職種でしたが、コロナ前はシェアオフィスを借りていたそう。

そんな荻野さんがこの場所を借りるきっかけとなったのは、外出自粛によりオンラインでのコミュニケーションが主流になり、仕事仲間と集まる機会が減ってしまったこと。直接顔を合わせる機会はもちろん、仕事後にみんなでご飯を食べたり、お酒を飲みながら話す機会が失われてしまいました。

「オンラインでも繋がることはできるけど、知ることはできないんだよね。やっぱり、お互いにどんな人なのか知らないと、トラブルとか何かあった時って、仲良くできないじゃないですか。相手のことを理解するのは、オンラインだけではできないと思ってたから、じゃあそれができる場所をつくろうっていうので探しました」

「不特定多数の人が活用するシェアオフィスでは、周囲を気にしなくちゃいけないから自粛期間は使いにくかった」と話す荻野さん。

オフィスではなく家で仕事をする状況は、プライベートにも影響を与えていました。

「自分、多分家庭と距離がないと保てない人間なんですよ。適度な距離感がないと。

会社を立ち上げる前の会社員だった頃は、週6出張とかだったんでバランスが取れていたんですよね。出張から帰って着替えを持って、また出張に行くといった日々をずっとやってたんです。家にいないのが普通だったんですよ。

でも、それがリモートになって、ずっと家にいるじゃないですか。自分も家族も違和感がすごくって。コロナになって2年間、自宅で部屋の隅っこで仕事をしていたんですけど。なんなのこの人生って思ってしまって。これはやばいぞって」

仲間と心地よく仕事をする上でも、家族と仲良く暮らしていくためにも「場所」が必要だと気づき、それから、東京に限らず熱海など幅広く物件を見始めました。

そんな中、こちらの物件に決めた理由を伺ってみると……。

東京R不動産のサイトで、この物件をみた時から『ここはこんな風に使おう』ってイメージができたんですよ。内見する前からここがいいって決めていました。ラフに使えそうだなっていうのと、DIY可能だというのがよかった」

グループ会社のR不動産で入居者募集した時の様子。

現在、この場所を使っているのは、荻野さんとその仕事仲間。荻野さんはここで仕事をしつつ、仲間たちもそれぞれの仕事をしたり、くつろいだり、パーティーをしたり。家でもオフィスでもない、自由に使えるみんなのセカンドスペースとして、この場所を使っています。

「人が入れ替わり立ち替わり使っている状態で、ここはコミュニケーションをつくる場所になりますね」と荻野さん。

自分が感じた危機感から、すぐに行動に移し、思い描いていたものを実現させる行動力。
話を聞いていて、とても楽しかったですし、自分もすぐに行動に移せるようにしようと刺激を受けました。

では、どのようにこの場所を使いこなしているのかみていきましょう!

集中と緩和が融合した仕事スペース

左側にある本格的なマイクは、呟くように話しても声をしっかり拾ってくれるから、喉の弱い荻野さんは重宝しているそう。

荻野さんが主に仕事をしているデスクは、気持ちの良い窓際に位置しています。

モニターやスマホスタンド、照明などずらっと並んだ機器に、在宅勤務の環境に悩む私たちスタッフは興味津々でした!