飾り棚として使える可動収納
キッチンに飾り棚?と思われるかもしれませんが、金属、陶器、ガラス、メラミン…。さまざまな素材が集まるキッチンだからこそ、それらをひとまとめに収納できる便利な棚を作りました。

たとえば旅で出会った置物や趣味で集まったコレクションなど、調理道具じゃなくても好きなものを並べるだけで、キッチン空間に個性が宿ります。
肉屋のタイルスタイル
地下鉄のタイルとして広く知られる白いタイルですが、古くは厨房やお肉屋さんなど、清潔さを保つ場所でも白い色のタイルが使われていました。床から張り上げたタイルがステンレスフレームの隙間から覗きます。
ステンレスキッチンの答え
サビや汚れにに強くメンテナンスがしやすいステンレスは、厨房機材に多く使われる素材です。オリジナルのフレームキッチンは細く薄くデザインを見直し、業務用と比べ無骨さが無くなり洗練された雰囲気になりました。

床材はオーク材の組み木が特徴的なチェッカーパーケット。モノトーンのダークなオイル塗装はステンレスの鈍い金属質とマッチします。

ギャラリー

まるで飾り棚のような収納棚。
棚板は少しだけ角のとれたディテール。
ボリュームのある金物が一体感をつくります。
釉薬のツヤを背景に調理道具が引き立ちます。
足元の収納棚越しにタイルを見る。
暗めに塗装したパーケットに映えるステンレス脚。