ログイン 新規登録
素焼きレセップ
素のままのあかり
商品名:

素焼きレセップ

裸電球を美しく見せるのは、素焼きのレセップ。土本来の素朴な質感です。複数並べての使用もおすすめ。
購入はこちら
販売終了
玄関と廊下に使った事例(黒土)
玄関と廊下に使った事例(黒土)
黒土と白土の2種類
黒土と白土の2種類
キッチンの手元灯として(黒土)
キッチンの手元灯として(黒土)

【 重要なお知らせ 】

陶器製の焼き物であるカバーが、ソケットから離脱する可能性があることが判明し、現在販売中止とさせていただいております。「素焼きレセップ」を過去にご購入くださったお客様は「こちらのお知らせページ」をご覧ください。

改良品の目処はついておらず、改良品の検討自体を中止する可能性もございます。ご愛顧賜っておりますお客様方にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

一番シンプルな照明器具

レセップとは、壁や天井に直接ネジで取付けが出来るソケット照明のこと。
一番シンプルな照明と言っても過言ではありません。

そんなレセップに、素焼きの陶器のカバーをかぶせて、インテリア性をプラスしました。

素焼きの温かみ

素焼きのカバーは滋賀県の信楽焼。
信楽の土を漉して細かい粒子にし、陶器でありながら磁器に近い滑らかな手触りに仕上げています。
土本来の温かみを残しつつ、ぼってり厚くならないのが特徴です。
白土は粘土そのままの色、黒土は粘土に鉄やマンガンの顔料を混ぜ込んでいます。うっすら残ったろくろの跡が、手作りの証。
素朴でありながら上品な質感です。

食器屋さんの照明

「素焼きレセップ」をtoolboxと共同開発してくれたのは、実は京都の食器屋さん。そう言われると湯のみのようにも見えてきませんか?

オリジナルのレセップカバーをつくることを思い立ったとき、こちらの食器屋さんのお皿や湯のみに使われていた陶器の素地があまりに美しかったので、「コレだ!」と商品化へ。釉薬をかけない素焼きの状態は食器として使うのは難しいですが、水に触れない照明なら素焼きの表情が活かせます。熱にも強く、うってつけの素材でした。

壁にも天井にも

シンプルだからいろんなシーンで使えます。壁でも天井でも、玄関・廊下・階段・キッチン・洗面所・トイレ・WIC、あんまり場所をとりたくなかったり、存在感は控えめに、でもチープな感じにはしたくない、といった時に重宝します。単体はもちろん、複数並べて使ってもうるさくならずに使えます。

裸電球が照明のデザインとして際立つので、合わせる電球によって表情の違いを楽しめるところもポイントです。普通球はもちろんですが、ボール球もおすすめです。

取付けには電気工事が必要ですので、電気屋さんに相談しましょう。

開発パートナー:有限会社イン・ザ・ムード

(担当:竹沢)

関連コンテンツ

工業系レセップ

【工業系レセップ】

裸電球が似合う男前
¥2,400~
武骨でインダストリアルな雰囲気を持つ、裸電球用のレセップ。本体はレトロで渋いねずみ色。リノベーション空間におすすめのアイテムです。
工業系レセップ 裸電球が似合う男前
カプセルライト

【カプセルライト】

飾らないあかり
¥4,900〜
カプセルのようなガラスグローブのついた直付け照明。ベース3色、ガラスグローブ2種類の展開とラージサイズ。屋外や水回りでも使えます。
カプセルライト 飾らないあかり
マリンデッキライト

【マリンデッキライト】

方位を照らす十字のあかり
¥11,000
実際の船舶で使われているデッキライト。ガラス製のグローブを覆うガードは4色展開。室内・外部でも使用可能です。
マリンデッキライト 方位を照らす十字のあかり