ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
押入改造
大容量は見せて活かす
商品名:

押入改造

引戸の押入を改造し、部屋と一体化したり、扉を替え空間を広く見せます。

購入はこちら
Before:典型的な押入。

Before:典型的な押入。

After:フローリングを延長してすっきり。

After:フローリングを延長してすっきり。

奥にアクセントカラーを入れても◎

奥にアクセントカラーを入れても◎

小物もひっかけられるメッシュの扉に。

小物もひっかけられるメッシュの扉に。

嫌いじゃないの、ホントはね。

押入(おしいれ)。

それは四季があり、季節毎の服も多くモノの多い日本人の暮らしを支えてきた大切なスペース。布団もしまえる懐の深さ。未来からきた青い猫型ロボットも寝床にするほどの多目的性。賃貸の部屋探しでも、正直狭いクローゼットよりは、押入&天袋付きがいいという方多いのではないでしょうか?

ただ、困るのがその見栄え。襖です。畳をフローリングに張り替えた洋室には、いくら襖紙をシンプルなものに替えたところで、どうにもあわず。
元々和室の空間をリノベーションする際、押入をどうするかは空間を左右する大事なポイントなのであります。

ポイントは、床の延長・一体感

左のBefore & After、他の事例写真を見比べてみてください。その共通点、わかりますか?

ずばり!床。

全て押入スペースの奥まで手前のフローリング が延長して貼られています。これがけっこう肝でして、これにより、モノをいれて、カーテンなどをかけるにしても、空間に広がりが感じられるのです。マンションのリビング横の和室の改造時など、フローリングを張り替えるタイミングで同時に工事するのをオススメします。

扉をシンプルでフラットな引戸に替え、 中はハンガーパイプだけ付けたいというニーズもあるでしょう。その場合は、どうせ見えない部分なので内部はあえて塗装せずそのままでいいかと思われます。

カスタマイズはお好みで

続いては、内部のカスタマイズ。収納として引き続き利用される場合は、ハンガーがかけられるポールを取付け、外側はワイヤーレールを取付け、カーテン代わりに布を掛けるのが一番ローコスト。クリップタイプにすれば、布にカーテン加工をせず、クリップにお気に入りの布を吊るすだけ。

一番左下の事例写真の例では、奥が透けてみえ、小物もかけらえるメッシュの扉に。奥の一面をアクセントカラーのブルーブラックで塗装。賃貸ワンルームだったので、中段はあえて残し、デスク代わりの作業スペースとして使いたい人のために、照明も取り付けました。ハンガーパイプもつけたので、クローゼットとしても機能します。中段を撤去し、高さと仕様をお好みのものにしたカウンターデスクを取り付けちょっとしたパソコンコーナーにしたり、可動収納棚として壁面いっぱいに棚を取り付けるのもいいですね。

こうしたい!というこだわりがある方は個別にご相談ください。

この工事サービスを使った事例「Pin-up」はこちら

施工パートナー:ROOVICE(ルーヴィス)

(担当:キスギ)

【押入改造】の全1商品

押入改造
標準工事セット
¥107,000~
既存建具撤去・中段撤去・処分 床・壁ベニヤ補強 内部・枠材白塗装
押入改造 標準工事セット