ログイン 新規登録
北欧生まれの壁紙
北欧の豊かな時間を
商品名:

北欧生まれの壁紙

草花や動物など自然をモチーフにした、北欧らしい温かみのあるカラーリングが魅力の壁紙です。
購入はこちら
販売終了
大空を旅しているような気分にさせてくれる気球柄。
大空を旅しているような気分にさせてくれる気球柄。
明るめのグリーンカラーは白木フローリングとの相性抜群。
明るめのグリーンカラーは白木フローリングとの相性抜群。
ゴールドを散りばめたデザイン。
ゴールドを散りばめたデザイン。

北欧らしいモチーフと色使い

北欧のデザイン。
と聞いただけで、なんだかおしゃれなイメージがあるのはなぜでしょう。
北欧で暮らす人々は、長く厳しい冬、家の中にこもることを余儀なくされます。北欧の冬は太陽が真上には昇らず、水平線の少し上を平行移動して沈んでしまうのです。そこで発達したのが、いかに家の中を明るくあたたかく居心地のいいものにするかという文化。どこかほっとさせてくれるデザインは、そんな生活の知恵から培われたものなのでしょう。

この壁紙をつくった女性デザイナーも例にもれず、日々の生活からインスピレーションをうけたものを形にしています。彼女の暮らしの、その時々で欲しい柄をつくっているため、リアルな北欧デザインの良さが表現できているのだと思います。やわらかな色合いや、可愛いモチーフが多いにもかかわらず、子どもっぽくない洗練されたデザインであることも、この壁紙の特徴です。

また、日本で北欧インテリアが人気なのは、自然素材のもつ美しさを取り入れたデザインが、同じく昔から自然とともに生活してきた日本人の琴線にふれるからかもしれませんね。和室とも相性が良いので、ふすまに貼るのもおすすめです。

人を招きたくなる家に

北欧で暮らす人のインテリア感覚が優れている理由がもうひとつ。
寒さが厳しい冬の北欧では、人を家に招くのが当然で「心地よい空間は自分一人のための物ではなく友人と共有する」という考えが根付いているのです。人を招き招かれ会話を楽しみ、交流を深める生活。
美しいインテリアというのは形だけではなくて、そこに充実した暮らしがあって始めて意味あるものになるのだと思います。

自分で選んだ壁は、眺めるだけで幸せな気分になります。
ぜひお友達を招いて、豊かな時間を共有してみてください。

賃貸でもあきらめないで

北欧では自分で改装するのが一般的。そうDIYです!
存在感のある壁紙は、全面を変えなくても、お部屋の1面だけアクセントとして使うだけで十分です。

こちらの壁紙は、不織布(フリース)製。不織布壁紙は、初心者にも貼りやすいので、1面だけならぜひ自分で貼ってみてください。
しかも、不織布(フリース)壁紙専用のりを使えば、既存のクロスが貼られた上から貼ることができ、さらに剥離材などを使わず、そのままキレイに剥がすことも可能。賃貸でも原状回復の問題で諦めなくて良いのです!

不織布(フリース)専用のりが付いたDIY道具セットをオプションで販売しています。(⇒輸入壁紙 施工道具セット 不織布用のり付きセット

壁紙が余ったら

貼り終わって、余った壁紙。可愛いので使わなきゃもったいない!
チェストの引き出しの底に敷いてチラ見せしたり、パネルやキャンバスに貼って、他の壁に飾るのも素敵。空き箱に貼れば見せて置きたい収納BOXになります。一部を切り取っても「絵になる」 壁紙の、手軽にできる上級テクです。

(担当:竹沢)

この商品の施工ノウハウ「How to make」はこちら