お施主様がこの中古マンションを見つけたのは、toolboxの兄弟サイト「東京R不動産」。
約52㎡のコンパクトなお部屋を、こちらもtoolboxと長いお付き合いのあるルーヴィスさんに依頼して、リノベーションしました。

toolboxのことは以前から知っていたというお施主様。
ショールームにも足を運んでくださり、いくつものアイテムをご採用くださいました。

タイ、ラオス、ベトナム、モロッコ、バリなど、様々な国へ旅しているお施主様がリクエストしたお部屋のイメージは「アジアの民家風」。

コンクリート躯体に塗装した天井のざっくり感と、長く使い込まれたような色の床。
床は『ラスオークフローリング』の無塗装品をオイル塗装したもので、180mmの幅広のセレクトも、「アジアの民家風」のおおらかな空気感づくりに一役買っています。
夜には空間を仄暗く照らし出すのでしょう、小ぶりなペンダントライトもアジアな雰囲気。

旅好きのお施主様の一番のお気に入りは、洗面室の壁に貼った『水彩タイル』のセラドン。
セラドンは、透明感のある青緑の磁器の色のことで、青磁とも呼ばれます。
お施主様はタイの北部で作られている伝統工芸品“セラドン焼き”が好きだったこともあり、このタイルの採用を決めたと言います。

旅先へ思いを馳せられる洗面室って、素敵ですね。
毎日の身支度の気分も上がりそうです。

洗面台の横には『ハンガーバー』、収納扉には『把手の金物』の真鍮がキラリ。
正面の框ドアにつけたハンドルは『ヘキサレバーハンドル』です。

トイレのドアにも『ヘキサレバーハンドル』。
メカニカルな雰囲気がシンプルなドアのアクセントになっています。
ちなみに横の収納は、toolboxの内装・収納リフォーム商品『造り付け本棚』がアイデア・ソースになったそう。

玄関の土間部分に貼られたタイルもエスニックな雰囲気。
カラフルな色をコラージュして使われることの多い流行りのランタン型タイルですが、サンドカラーが大人っぽくて新鮮です。

お施主さまが気に入って既存のまま使うことにしたキッチンは、ガスコンロ台を作り直し、レンジフードを『フラットレンジフード』に交換。
チェッカーガラス入りの『木製ガラス引き戸』のレトロ感が、昔ながらのキッチンと空間とを取り持っています。

『木製ガラス引き戸』の奥は寝室。
木製室内窓』でリビング越しに光と風を取り入れています。
室内窓というアイデアは、外に面した個室がつくりにくいマンションリノベの強い味方。

リビング側から見ると、『木製室内窓』がシンプルな白い壁面に飾られた額のよう。
視線が奥の寝室に抜けるので、空間に奥行きも感じられます。

リビングの一角には収納とデスクを造作。
何かと物入りになりがちなリビング。
こうしてあらかじめ家具を造作しておくと、インテリアの統一が図りやすそうです。

旅先で収集してきた小物やカゴなど、アジアン雑貨をたくさんお持ちだというお施主様。
今回ご紹介したお部屋の写真は竣工時のものですが、それらが飾られた状態のお部屋も見てみたいものです。

(サトウ)

株式会社ルーヴィス

東京・神奈川を中心に活躍するリノベーション設計施工会社。
toolboxでもお世話になっています。

対象エリアは、都内23区と横浜近郊、その他のエリアは要相談
※お住まいになりながらの改修工事はお受けできません。

住所:神奈川県横浜市南区高根町3-17-3 メトロ阪東橋駅前7F・8F
URL:https://www.roovice.com/