水をたっぷり含ませた筆で水彩絵の具を溶いたような表情。

溶けゆく色合い

水をたっぷり含ませた筆で水彩絵の具を溶いたような、淡い色合いが魅力のタイルです。

透明感ある色合いが、中心から淡く広がる様は、美術の水彩画の時間を思い出させてくれます。

表面の透明感はハイグレーズという釉薬の特徴。焼成時に釉薬が溶け動くことによって、エッジ部分の色が濃くなったり薄くなったり、自然な色溜まりの模様ができます。

1ピースずつ丁寧に筆で絵の具をのせていったようなみずみずしい色合いは、硬い焼き物でありながら、優しい印象を与えてくれます。

カラーは落ち着いた色合いの9色。サイズは50角、25角、ボーダーの3種類です。

透明感ある色合いが、中心から淡く広がります。(50角アーモンド)

コンパクトな空間に

キッチンや洗面台の小さな壁面でも、タイルを貼ると印象は大きく変わります。

むしろ、細かいカラータイルは床から天井までの広い壁に貼るよりも部分使いくらいがちょうど良い。

例えば、キッチン天板から吊り戸棚の間や、洗面台とミラーの間に貼ると空間のアクセントになりおすすめです。

洗面台とミラーの間に貼ると空間のアクセントに。(セラドン50角)

目地との組み合わせでも見え方は変わります。コットンと白目地の組み合わせ。(ボーダー)

カラーと形に迷ったら

カラーは全9色、淡い色合いのニュアンスカラーです。

スカイグレーやセラドンは爽やかな印象で、定番のコットンと共に人気な色です。グリーンはカジュアルで元気な印象。バーチなどの白木ともよく合います。

水彩画のような淡い色合いが特徴的なタイル。(セラドン25角)(撮影:中村晃)

定番のコットン。(50角)

グリーンティーはカジュアルで元気な印象。(ボーダー)

大人っぽい落ち着いた印象にしたいならバーントアンバーやシエ