「オシャレは足元から」なんて言葉がある通り、家の足元である「床」も大切にしたい!

ということで、今回は床に一工夫ある事例をご紹介します。

「家全体で、使う床材が少ない方が統一感が出ていい」と考える方も多いかもしれません。しかし、部屋の用途や気分に合わせて床材を変えることで、自分の暮らし方にあった家が出来上がるのではないでしょうか。

まずは、リビングのご紹介。ずっと眺めていたくなる、まるで美術館のように美しい空間です。

そんなリビングで一際目を引くのは、『パーケットフローリング』。

欧米の美術館などで見かける事の多いパターンのある床。寄せ木細工が織りなす雰囲気が、お施主様が集めた名作家具をまるで「展示」しているかのように見せていて、相性は完璧です。エアコンの設置に来た業者さんに「お店ですか?」と聞かれたこともあるそうです。

薄いグレーの壁や規則的に走ったライティングレール、埋め込みのダウンライトは、自らの主張を抑え脇役に徹する事で、自然と視線が床や家具に集まります。

そんな素敵なリビングの手前側、キッチンを見てみると……

こちらはリビングとは打って変わり、床面を塩ビタイルに切り替え、さっぱりと清潔感のある空間に。

ダイニングにも、リビングと同様に木製家具が置かれています。無彩色且つ、整ったテクスチャの床が木の彩りと質感を浮き上がらせています。同じ空間の中でも床の違いで家具の見え方が変わって面白いです。

一続きの部屋の中でも、床が切り替わる境界を跨いだら、きっと気分が変わって……。

床の切り替えの工夫で、空間と気持ちを緩やかに仕切るアイデアです。

グレーの床に色味を合わせて、キッチン設備をステンレスに統一。リビングとの空間の違いがより際立って感じられます。

フラットレンジフード』はピッタリと梁に合わせて設置し、すっきりと納まっています。

続いては、奥に見えるガラス戸の先を覗いてみましょう。

音楽関係のお仕事に就くお施主様が、機材の運搬が行いやすいように、リノベーション前よりも幅を広げた玄関スペース。

玄関から見てみるとガラス戸で視線は抜け、途切れる事なく奥まで伸びる「パーケットフローリング」。なんだかリビング奥へと誘われているようで「我が家に帰ってきた」という安心感を増幅させてくれるように感じます。

玄関を入って左手側には、お仕事の為に完全造作で作られた防音室があります。

こちらの床に使ったのは、ヘリンボーンフローリング柄の塩ビタイル。寄木のパターンを用いて、リビングや廊下との統一感をつくりつつ、仕事部屋として他の空間とは気分を変えて過ごせそうです。

「防音室はこだわっただけあって、ずっとこもって作曲したり演奏しています」と、お仕事に集中できるご様子のお施主様。

細かい板幅の柄を採用していることで、コンパクトなスペースながら圧迫感を感じにくいことも、作業に集中できる秘密かもしれません。

最後に寝室のご紹介です。皆さん床の色にご注目下さい。

リビングと同じ塩ビタイルを使っているのですが、少し暗めの落ち着いた色合いになっています。

床に合わせて、壁天井の塗装も他の部屋よりも濃いグレーに。深い色味で構成された寝室は、自然と心が安らぎ、日々の疲れを癒すにはピッタリの空間です。

家の中の場所に合わせて床材を変え、その場所で過ごす気分も変える工夫。

床への少しのこだわりで、毎日の過ごし方に心地の良いリズムが生まれ、快い日々を過ごせそうです。

ゼロリノベ(株式会社グルーブエージェント)

「大人を自由にする住まい」をコンセプトに、家を買うことで自由になる「家のさがし方」「家のつくり方」を提案するリノベーション会社。
東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に、資産性のある中古マンションの「物件さがし」から「リノベーションの設計・施工」までワンストップで提供しています。

テキスト:hayakawa

関連する事例記事

猫と生きるためのワンルーム
猫と生きるためのワンルーム
一人暮らし、58平米のマンションリノベーション事例です。猫と快適に暮らす工夫が尽くされた事例をご紹介します。
あの日のアパルトマン
あの日のアパルトマン
東西800mに広がる、大阪市・靱公園を望めるビンテージマンションのリノベーション事例です。台形の特徴的な形状の一室を中央のキッチンを中心に回遊できる間取りに計画。内装は、お施主さんが学生時代に留学したフランスの住まいをイメージし、アパルトマンを彷彿とさせる仕上がりになりました。
光が巡る、家族が繋がる
光が巡る、家族が繋がる
今回ご紹介するのは、若いご家族が暮らす小さな家です。 建築面積が14坪程度と少し小さめだったり、隣地建物との関係で南側からの採光が難しいという環境にもかかわらず、明るく広々とした空間を実現しました。
「オトナの自由時間」を全力で楽しむ!バイカーのための家
「オトナの自由時間」を全力で楽しむ!バイカーのための家
家とは、ただ食事をしたり寝るだけではなく、趣味に勤しむための空間でもあると思うのです。 そんな想いを形にした、“オトナの自由時間”を思い切り楽しむ賃貸住宅をご紹介します。