何度訪れても心地よい、宇都宮家の暮らしを深堀り

軽やかな薄い天板のみのキッチンと洗面台が並ぶ壁面、それらをつなぐくすんだブルーの『古窯70角タイル』。2022年8月現在、toolboxの「spaces つくる」のコーナートップを飾る動画の舞台となっている宇都宮家。

toolboxが提供する「空間サービス」を紹介するページ「spaces つくる」のメインビジュアル動画。

2018年にパッケージリノベーションサービス「ASSY」で94.7㎡の団地の一室をリノベーション。住み始めた頃の様子をコラム「自分で答えを出すリノベーションパッケージ」や2019年版のカタログでご紹介。その印象的な空間は、toolboxメンバーはじめ、多くの方に刺激を与えてくれました。

宇都宮さんの家は、なぜ良く見えるんだろう?たびたびお伺いしているけれど、毎度居心地が良く感じるのはなぜなんだろう。

躯体現しの表情、ラワンや塗装の白壁といった素材の組み合わせが、宇都宮家のベースとなってはいるのですが……今回、ちょっと突っ込んだお話を聞く中で、会話の節々から見えてきたのは、宇都宮家の「暮らし方」というか、「暮らしに対するスタンス」。

「美意識」と聞くと、玄関に季節の花を飾るとか、そういった「日常+αなハレへの意識」という概念があるかもしれませんが、日常のあらゆる場面で「美しさをとる」というスタンスがすごく印象的だったのです。

夫の雄輝(ゆうき)さん、妻の美紀(みき)さんに、住み始めて4年目となるこの家の、いまのありよう、暮らし方についてお話を聞いてきました。

動画撮影の際は、まな板やボウルの配置など、いつもの自然な雰囲気を撮らせてもらうために、持ち込んだ野菜を切っていただくことまで!ご協力ありがとうございました。

露出配線していい壁とダメな壁の自分ルール。コンセント設置にもこだわりが

定額制パッケージリノベーション「ASSY」は、空間の印象を決める壁・天井を、部屋ごとに躯体現し、ラワン、白塗装の3種の素材の中から選択できます。

宇都宮邸の場合、印象的なブルーのタイルはオプション対応ですが、それ以外の空間は、「ASSY」ルールに乗っ取り、床壁天井の素材が決められています。当然ながら、躯体現しの部分は電気設備の配線も露出になるのですが、コンセントの設置にも宇都宮家のこだわりがありました。

撮影:Masanori Kaneshita

リビングとキッチンの間にある、壁構造ゆえに壊せなかったゲートのような開口部のある壁。躯体現しのワイルドな表情に露出の配管とトグルスイッチが印象的なシーンをつくりだしています。雄輝さんもお気に入りだという景色です。

実はこのゲートのような壁は、リビング側とキッチン側で壁の両面の仕上げを変えているんです。

「断熱材を入れるところは、物理的に躯体現しに出来ないなどの制限もありましたが、どこを躯体現しにするか、白壁にするかの棲み分けは、感覚的に判断していた記憶がありますね」

キッチン側からみた先ほどのゲートの壁は、白く塗装してすっきりした印象に。窓からの光がさわやかに反射して明るい印象です。

キッチン側の空間は、奥の窓際に丸テーブルを置き、手前のステンレステーブルは作業台として利用しています。

「キッチンは海外のインテリア本に出てくる、部屋の延長のような場所にしたかったんです。わたしは、キッチン家電が好きではなくて。スタイリッシュなキッチン家電も増えてますけど、それらを並べると、キッチンの雰囲気が家電にもっていかれてしまうなと……電子レンジは元々使わない生活でしたし、炊飯器もこの家にくる時に断捨離しちゃいました」と美紀さん。

「!!!」(思わぬ回答に自分の目が見開かれた瞬間を、いまでも覚えています)

ステンレスの作業台の下には、唯一ある家電のオーブンが置かれています。毎日フル稼働で、パンを焼いたり、たまにグラタンやお菓子を作ったりと活躍中。使うたびにコンセントを抜き差ししているそう。

そこでふと、作業台の後ろの白い壁にコンセントがないことに気づきました。私なら、近くの壁に利便性重視でコンセントを用意しておきたくなるなぁと思い、そのことをふとつぶやくと

「この躯体壁にコンセントを付けようと思うと、壁に露出配管を這わせることになる。キレイに塗装した白い壁に露出配管というのは、自分的にありえなかったんですよね」と雄輝さん。

「!!!」(2度目の……)

現在、小学校2年生になる男の子がいる宇都宮家。
私にも同じ歳の子どもがいるのですが、働きながらの子育ては大変です。なので私は、楽できる