キッチンから望む旧リビングスペース。飾り物が映えるよう、内装は敢えてトーンをおさえて。

「使用されなくなったご自宅のリビングを作業スペースとして活用したい」という戸建の内装工事のご相談。布に纏わるお仕事をされているため、ファブリックを置いたり飾ったり、来客には少しお茶を出せても良いですね、と一緒に妄想を進めていきました。

グレーと白がベースの明るいお部屋は、もともとLDKだったスペース。

キッチンとリビングを遮る壁は一部撤去をし、オープンなシナのカウンターを造作で設置。柔らかい布を扱う場所だからクールになり過ぎないように、棚やカウンターにはシナ材を用いました。

棚やカウンターはシナ材で統一。全体がクールになりすぎないよう、木の温かみを加えています。

キッチンの壁は、床のPタイルとトーンを合わせて『塗装のキッチンパネル マットグレー』を採用。どこまで貼るべきか毎度悩ましいキッチンパネルですが、今回はレンジフード下端にラインを合わせてみました。

棚やカウンターはシナ材で統一。全体がクールになりすぎないよう、木の温かみを加えています。

一見クールでシンプルな『ミニマルキッチン』『フラットレンジフード  ホワイト』ですが、木部や『棚受け金物 鉄』『モデストレセップ ブラック』といった素材感あるマテリアルと合わせることで、少し柔らかさを加えられたように思います。

素材同士の相性や、全体の中での存在感をケアしながら選定していきます。

リビングに目を向けると気になるのは、制作した布を掛けられるように窓上に設置した、スッと一文字を描くレールでしょう。黒い窓枠に寄り添うレールは『アイアンカーテンレール』を使って、展示什器のように見えるよう意識しました。

近くで見ると、鉄の素材フォルムに雰囲気があって、適度な緊張感があります。

ファブリックや家具が入って完成する空間が楽しみです。

キッチンも作業場も、完成したあとにどんな布が掛けられていくのか。実際に使われている様子も気になります。ぜひ、その後の空間の使われ方もレポートしていきたいと思いました。

現場からは以上です。

改装前の様子。築30年超えのとても“住宅らしい”内装でした。キッチンは壁の向こうに。

(担当:モリムラ)

ツールボックス工事班|TBK

toolboxの設計施工チーム。

住宅のリフォーム・リノベーションを専門に、オフィスや賃貸案件も手がけています。
ご予算や目的に応じ、既存や素材をうまく活かしたご提案が特徴です。

 

オーダーメイドリフォームのご相談はこちら→TBKに相談する
リフォーム相談会定期的に開催中 詳細はこちら→コラムを読む

  • 写真の「フラットレンジフード 壁付け型 W600 ホワイト」は仕様変更前のもので、現在販売しているものとは仕様が異なります。(仕様変更前:全艶塗装 → 仕様変更後:2分艶塗装)

関連する事例記事

代々木で堪能する。本格台湾料理とアジアンクラフトビール
代々木で堪能する。本格台湾料理とアジアンクラフトビール
台湾クラフトビールと本格台湾ローカルフードが楽しめる、雰囲気の素敵なお店の事例が届きました。
団地暮らしが豊かになるDIY可能な賃貸住宅
団地暮らしが豊かになるDIY可能な賃貸住宅
今回ご紹介するのは、団地の空き室をリノベーションして作ったDIY可能な賃貸住宅です。賃貸にも関わらず、住む人が自分の暮らしに合わせてカスタマイズできるという物件。マイホーム購入前に、一度住んで自分好みを試してみたいと思わせてくれるお部屋でした。
猫と生きるためのワンルーム
猫と生きるためのワンルーム
一人暮らし、58平米のマンションリノベーション事例です。猫と快適に暮らす工夫が尽くされた事例をご紹介します。
キッチンをあきらめない
キッチンをあきらめない
既存キッチンの扉だけを変える職人サービス、「キッチン扉交換」の事例です。