余ったフローリング材、どうする!?

フローリングは発注する時、箱で注文しなければならない場合が多く、その際数枚残ってしまうことが多いんです。
補修の時のためにとっておいたり、廃棄したりすることが多いと思いますが、DIY好きの人は「何かに使えないかな」というムズムズ感があるのではないでしょうか。
そんな時の参考になるアイデアをお客様からいただいたので、ご紹介します。

余ったフローリング材、どうする!?1

一例目です。
ホームセンターなどに売っている板にフローリング材『ラスオークフローリング』をカットしヘリンボーン調に貼っていきます。

余ったフローリング材、どうする!?3

完成系はこんな感じです。縁の加工がとてもきれい!
ヘリンボーンはちょっと難易度高め…と思われる方は、ランダムに並べて貼るだけでも素敵に仕上がると思います。

余ったフローリング材、どうする!?5

完成したパネルにキャスターを取り付けて、灯油ストーブの台に。暖が欲しい場所に楽々移動できますね。
私は室内の鉢付きのグリーンなどを乗せたいなーと思いました。

余ったフローリング材、どうする!?7

もう一例ご紹介。
こちら、みた瞬間「お見事!」と叫んでしまう仕上がりで、商品として店頭に並んでいてもおかしくないクオリティーの高さ。
箱根の組み木細工を連想させます。

一見、複雑そうに見える柄ですが、実は平行四辺形にカットした材を組み合わせているだけ。
組み合わせているだけと言っても、角などもキレイに同じ形にカットしないと変な隙間ができてしまったりするので、やはり見ればみるほどアッパレです。

余ったフローリング材、どうする!?9

外枠にはめる前はこんな感じ。ある程度の大きさまで組んだあと、八角形に切り出しています。

余ったフローリング材、どうする!?11

脚を取り付ければミニテーブルに!脚には三脚を利用していて、まさにオリジナルな一点もの。
アウトドアキャンプなどで活躍間違いなしのテーブルだなと思います。

素材を本来の使い方だけでなく、人それぞれのアイデア溢れる使い方を聞くと「そんな使い方があったのか!」と新たな発見をもらえたりします。
年々凝り固まる頭をほぐして、柔軟な発想を忘れたくないと思いました。
余ったパーツや素材を眺めながら「何かに使えないかな」と考える作業は、いい脳トレになりそうです。

(大迫)

紹介している商品

FL-FL020-08-G173
¥5,300/㎡