「インテリアを楽しみたい!」と思ったとき、家具や照明についてはよく考えますが、実は、お部屋の印象を大きく左右するのは“床”。床さえ、バシッと決まれば空間は成立すると言われるくらい重要な部位です。

空間の中で広い面積を占める床は、その上に配置される家具や照明に大きな影響を与えるのです。

そんな、自分らしいインテリアをつくるための基礎となる、フローリング選びのポイントを紹介する「フローリングガイド」。樹種や性能などポイントはいろいろありますが、何はともあれ「見た目」から。Vol.1では、好みの顔をしたフローリングを見つけるコツを紹介します。

この人に聞いた
一杉伊織

フローリングの商品開発を担当し、施工部隊のリーダーも務めるtoolboxメンバー。

理想のインテリアテイストからフローリングを選ぶ

「どんなフローリングを選ぶか」ということの前に、理想とするインテリアをイメージしておくことが重要です。そうすると理想のインテリア空間にマッチするテイストのフローリングを絞り込みやすくなり、あとになって家具とフローリングの相性が合わず後悔する、なんてことがなくなります。

NATURAL ナチュラル

ナチュラルな雰囲気の空間に仕上げるには、色味が明るく、さっぱりした質感のフローリングがおすすめ。どんな家具にも合わせやすいのがポイントです。

FL-FL001-04-G029
¥5,700/㎡

VINTAGE ヴィンテージ

重厚感のあるインテリア空間づくりには、長年使い込まれたかのような、ラフ感のあるフローリングがぴったり。ヴィンテージ家具やインダストリアルテイスト、北欧家具とも好相性です。