このフローリング、うちで使える?[ フローリングガイドVol.4 ]

全4回に渡ってお届けしてきた「フローリングガイド」。自分らしいインテリアづくりの基礎となる、フローリング選びのポイントを紹介してきました。

最終回のVol.4は「フローリングの機能」について。「こんなフローリング空間にしたい」と思っていても、マンションでは使用する床材に遮音性能を求められたり、床暖房にするなら床暖房対応のフローリングを使う必要があるなど、自分が理想とするフローリングのイメージと必要な機能とのすり合わせが必要になってきます。今回は、さまざまな機能を持つフローリングを紹介しながら、それらを使う際のポイントもお話ししていきます。

この人に聞いた
一杉伊織

フローリングの商品開発を担当し、施工部隊のリーダーも務めるtoolboxメンバー。

下の階に音を響かせない「遮音性能」

マンションでは、一定の遮音性能がある床材を使うことが管理規約で決められていることがあります。求められる遮音等級は管理規約で決まっているので、必ず管理規約をチェックしてください。また、そうした取り決めがなくても、小さなお子さんやペットがいたり、下階に生活音が響くのを軽減したいという場合には、遮音フローリングが強い味方になります。

遮音フローリングとは

遮音フローリングとはその名の通り、音の伝達を遮断することができるフローリングのことです。床に伝わる音には大きくわけて軽量衝撃音と重量衝撃音の2種類があり、軽量衝撃音とは軽い物の落下や家具を引いたりするときの衝撃音のことで、重量衝撃音とは人が飛び跳ねたりするときに発生する重くて鈍い音のことです。

遮音フローリングの構造

木質性の表面材と音を吸収するクッション材、その間にはさまる合板でできています。

合板には溝が入っており、しなるようなつくりになっています。このしなりが、クッション性を高め、音の伝達を軽減させます。

このフローリング、うちで使える?[ フローリングガイドVol.4 ]9

遮音性能にはレベルがあります

遮音フローリングで防げるものは主に軽量衝撃音で、防げる度合いをL値という数字で定めています。

L値は数字が少ないほど遮音性能が高く、マンションの規約で適用されるのは「椅子などの移動音や鞄などの落下音が小さく聞こえる程度」とされるL-45が一般的です。

POINT
遮音フローリングはフカフカしてる?

遮音フローリングはクッション材がついているため、その上を歩くとフカフカとした感触があります。こればかりはどうすることもできませんが、どうしてもこの歩行感が嫌だという方には「置き床工法」という、フローリング以外で遮音性能を確保する手段もあります。

ただし、この方法の場合はフローリングだけではなく、下地から作り替えないといけないため、リノベーションの場合コストが高くつくことがあります。また、多少はフカフカはしますが、遮音フローリングより感触が抑えられ、置き床工法よりは床厚が薄く、天井の高さを確保できる方法として、遮音性能のある下地(遮音マット)を使用するという方法があります。

遮音マットが一番コストがかかる傾向にありますが、予算や使いたいフローリングと兼ね合わせて検討することが必要です。

このフローリング、うちで使える?[ フローリングガイドVol.4 ]13

L-45の遮音性能を満たす、天然木を使った 遮音フローリング

裏面に緩衝材が貼り付けられており、L-45の遮音性能があるフローリングです。

樹脂シートが一般的な遮音フローリングのなかで、こちらは表面に0.5mmのオークの天然木を使用しており、貼り上がりに深みのある木の表情を演出することができます。

天井高を確保したいなら「直貼りタイプ」

鉄筋コンクリート造の建物の場合、コンクリート(厳密にはモルタル)の床の上に、木材などでフローリングを貼るための下地をつくる工事方法が一般的ですが、下地をつくるとその分床の高さが上がり、天井高が低くなってしまいます。もともと天井高があまりない建物などで、「天井高を確保したい」というときに役立つのが「直貼りフローリング」です。

床下地について詳しく知りたい方は下記の記事もあわせてご覧ください。

フローリングを貼るためには、フローリング材だけでなく、そのための"下地"を整えることが重要です!

直貼りフローリングとは

コンクリート躯体の上に直接接着剤のみで貼ることができるフローリングのことです。

下地を組まず、釘も使わず、接着剤だけで工事できてしまうため、天井高さを確保しやすいことのほか、床下地を作る必要がないので工事手間が少なくコスト削減にも一役買ってくれます。

<