部屋の中央でどーんと存在感を発揮している長さ4M奥行き、90cmの巨大な楕円のカウンターテーブル。実はこれ、キッチンなんです。

リノベ前は、窓に面していない暗いキッチン空間だったところを、家族が集まる中心的な場所へと作り替えました。

カウンター下はちょっとしたオープン棚になっていて、コンセントが仕込んであります。携帯やタブレットを充電する場としてもぴったりですが、スツールを持ってきて、このカウンターで宿題をしたり、お鍋に火をかけながら、ちょっとしたパソコン作業をしたり。家族が思い思いに使えそうです。

キッチンで料理する側の視点からも見てみましょう。
こちら側のオープン棚には、調理器具などすぐ取り出したいものを入れておくのが使い勝手がよさそうですね。

キッチン天板と同じ白で揃えた2つの大きなシェードランプが効いています。
梁の奥に見える、天吊りの空調のようなあの白いものはもしや?

はい、高さ20cmのすっきり『フラットレンジフード』です。
コンロ上にレンジフードは絶対必要。けれど、主役はキッチンなので変に主張して欲しくない。そんな設計心をしっかりと受け止め、陰ながらお役目を果たしております。

奥の玄関とバルコニー側のリビングダイニングをつなぐ廊下も兼ねた場所が丸ごとキッチン空間になっているのが面白いですね。

まさに、キッチンが家のHUBになっている、アイデアあふれるリノベ事例。ありがとうございます。

撮影:古末拓也

(来生)

studio niko / 笹本直裕 + 佐藤研也

東京と故郷である仙台の二拠点を中心に活動する二人組。
賃貸物件の1棟改修、分譲住宅、シェアハウスといった事業性とデザインが複雑に絡む案件から、拘りを実現する戸建て住宅や飲食店、アートギャラリー、展覧会の会場構成まで。分野に限定されない設計活動を続けています。

「多層的な発想と経験をもとに1件1件の企画・設計を丁寧に進めたいと考えています。」

株式会社リビタ

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。
「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。

紹介している商品