赤い缶が目印。

木部用オイルの定番、英国生まれの赤い缶

プロからDIYユーザーまで幅広い層に指示されている、赤い缶が目印のワトコオイル。

木材表面に被膜をつくらず、木の内部へとオイルが浸透。木本来の木目や質感を保ちながら好みの色味に変化させることができる、植物油ベースの木部用オイルです。

無塗装のフローリングや建具などの仕上げにはもちろんのこと、ツーバイ材、ラワンやシナの合板も、オイル塗装のひと手間を加えると、見栄えがグッと変わります。

天井、建具にミディアムウォルナットとチェリーを混ぜたものを塗装。

混色のススメ

ワトコオイルは、異なる色同士を混ぜて簡単にオリジナルカラーをつくれるのが魅力のひとつ。

toolboxスタッフの間で人気なのは、私たちが勝手に「ラワン色」と呼んでいる「ミディアムウォルナット」と「チェリー」を1対1で混ぜたカラー。

使い方によって、大人っぽくも、レトロな雰囲気にもなる赤茶のラワンのイメージです。赤茶のラワンは、コンクリート躯体、スチールの金物や古家具との相性もよいアイテムですが、最近は、白ラワンと呼ばれている白っぽいラワン材しか手に入らないことも多いので、そんな時は、この配合で着色しています。

ちなみに、元のラワン色に合わせて目視で「マホガニー」を足していくのが、手間はかかるけど一番ラワン色らしくなる! という人もいたり。とにかく正解はありません。色々トライして、皆さんのおすすめの混色レシピが公開されていくと面白いなと思ってます。

天井にミディアムウォルナットとチェリーを混ぜたものを塗装。

最初から異なるオイルを混ぜて塗る方法もありますが、一度塗りと二度塗りで使うカラーを変えて、色の重なりによって複雑な色をつくり出すこともできます。

最初に塗った色の方が木に染み込みやすいので、強く出したいカラーを最初に塗るのがおすすめ。難しく考えすぎず、水彩絵の具のような感覚で、様子を見ながら手を加えましょう。

クローゼットにミディアムウォルナット。床にミディアムウォルナットとチェリーを2:1で混ぜたものを塗装。

「ナチュラル」は、濃すぎた時の薄め役

色味は変えずクリアの保護材として使うイメージの強い「ナチュラル」を薄める色として使うのも面白いのでぜひお試しを。

絵の具を使う時、そのままだと色が濃すぎる場合は、水で薄めますよね。それと同じで、「水」の役割を「ナチュラル」が担ってくれるんです。

例えば『ラスオークフローリング』や『黒木フローリング』のような、表面を粗めに仕上げている材はオイルが染み込みやすく、色が強く出やすい。そんな時は「ナチュラル」で薄めるテクニックを覚えておけば安心です。

色味が強く出た時には「ナチュラル」で薄めるテクニック。

もちろん、ナチュラルだけで仕上げても。ガラス引き戸とフローリングに塗った事例。

「塗る」だけじゃない

塗り方は、刷毛でスーッと塗る感じ。

しばらく放置した後、木に染み込みきらず表面に残