家の中には持ち込めない、玄関に置いておきたいアイテムって結構ありますよね。
そんなアイテムたちの「居場所」をつくっているパーツが、アイアンハンガーパイプと棒棚受け。

特にアイアンハンガーパイプは「絶対採用したかったもののひとつ」というくらいで、雨の日には子供のレインコートをかけたり、花粉の時期にはコートをここにかけておくんだとか。
濡れてたり、花粉がついてるものを家の中に持っていくのは抵抗ありますよね。最近は特に、ウイルスを家の中に持ち込まないって考えでも重要になっているように思います。

この家に引っ越す前は、かける場所がなく、玄関付近に適当に掛けていて見た目が気になっていたそうです。
「設置して大正解でした!」という嬉しいコメントもいただきました。

また、キッチンにはハンガーバーも。
素材はステンレスで長さは60cm。
いろいろなツールたちをゆとりを持って掛けられるサイズ感で注文いただいたようです。

洗面にはサイズオーダーで70cm。素材は同じくステンレスのバーを2本設置いただきました。
ステンレスは錆に強いので、水回りには重宝しますね。

また、お気づきかもしれませんが、アイアンハンガーパイプのE型も天井にお使いいただいてます。

考えられてつくられた居場所があると、見た目もきれいですし、どこに置けばいいか悩む必要がないからなんだか安心しちゃいますよね。

(梅川)