64㎡の中古マンションを購入し、リノベーションしたHさんご夫妻。リビングダイニングの斜め先に見えるのはワークスペース。建具で仕切ることはせず、ひと繋がりの空間にしています。

Hさんご夫妻が購入したマンションは壁式構造。リビングダイニングと、ワークスペース・キッチンの間にある壁は構造壁で壊すことができませんでしたが、それによって空間が緩やかに仕切られ、スペースごとの居心地を生むことに繋がりました。

8帖ほどあるワークスペースには、夫婦のデスクが並んでいます。横並びにしたのは、ご夫妻の意向から。仕事の合間にたわいない会話をしたり情報交換をすることが、程よい刺激になるのだそう。

確かに、在宅ワークをしていると誰かと雑談する機会がグンと減ってしまうもの。だけど雑談が気分転換になって、仕事が捗ったり、いいアイデアが浮かんできたりすることもありますよね。煮詰まった時こそ誰かと話したくなるタイプの私は、Hさんご夫妻のワークスタイルに共感を覚えました。

デスクの正面側の壁は、モルタル仕上げ&露出配管という無機質な雰囲気に。白壁で仕上げたリビングダイニングとは変化をつけて、仕事モードに切り替えやすくしているのもポイント。

上の写真の正面に見える収納は、元は全面扉付きのクローゼットだったのを、半分に縮小。空いたスペースにはラックを置いて、圧迫感のない空間にしています。ラックに置かれたお気に入りの本や雑貨、デスク背面の棚に並ぶCDたちも、仕事の合間に一息つきたい時のお供として活躍してくれそう。

ワークスペースもリビングダイニングも、床はパーケットフローリングで仕上げました。壁式構造の壁と梁がスペースを区切りながらも、床がひと繋がりになっていることで、開放感も感じられます。

パーケットフローリングのオイル塗装は、Hさんご夫妻がDIYで行ったのだそう。コストダウンに繋がるだけでなく、住まいへの愛着づくりにも繋がりますね。

独立型のキッチンは、マンションの構造上、移動が難しかったゆえのものですが、職住一体の住まいの中では、料理に集中して気分を変えるのにちょうど良いですね。海外のアパートメントを思わせるタイル壁を眺めながらお茶を淹れる時間も、心地よさそうです。

キッチンに続いて、水まわりを拝見しましょう。洗面所は、プレーンな白い100角タイルに「ウェルラウンドシンク」を組み合わせました。ルーバードアと拡大鏡が海外の住宅のような雰囲気を醸し出しています。

洗濯機上には『ハンガーラック』が備え付けられていました。物が置けてハンガーやタオルも掛けられる、さらに水にも強いハンガーラックに、ぴったりの使い所です。

こちらは寝室。壁式構造で部屋のサイズが変えられない分、クローゼットは扉の開閉に場所を取らないよう、扉なしのオープンな仕様にして、部屋の面積を無駄なく活用。床仕上げにはリノリウムを採用して、ワークスペースやリビングと雰囲気を変えています。リノリウムは静電気の発生が少なく、埃がたまりにくい素材。布ものが多い部屋にぴったりのセレクトです。

愛犬の「気分転換」にもしっかり配慮。リビングに元々あった収納は、上部はペットグッズを入れるスペース、下部は愛犬がひとりでゆっくりできるドッグハウスにしました。こちらの住戸は1階で小さな庭もついており、気軽に外遊びができます。

思いついた時や、集中が途切れたとき、自分のペースで気楽にオフに切り替えられるのは、生活の場と仕事の場がゆるやかにつながっているからこそ。隣で仕事をするパートナーとおしゃべりしたり、リビングのオーディオセットで音楽をかけたり、愛犬と触れ合ったり。気分転換のきっかけがさりげなく詰まった、家で仕事をすることが楽しくなる住まいです。

株式会社 空間社

世田谷区・目黒区・渋谷区・港区を中心とした東京都内近郊で、マンション・戸建て住宅のリノベーションを行っています。プランニングから設計、施工を経て完工・お引き渡しまで、同一の担当者が責任を持って進めていく、安心の専任制を採用しています。

テキスト:サトウ

関連する事例記事

好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
「いろんなところに居場所が欲しい」「収納を多く取りたい」そんなご要望のもとに計画された新築の一軒家。お部屋の各所にオープン収納が設置されたお住まいをご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。