今回は、タモのウッドウォールパネルをホテルにお使い頂いた事例を紹介します。

白色の中に暖色が入る。
今回は、そこからどんな印象をもたらすかを気付かせてくれる事例です。

お部屋が全部まっ白だと、人によっては居心地が良いというよりそわそわしてしまうかもしれない。逆に木をふんだんに使いすぎても、温かみというより主張が強くなるかもしれない。
白と茶でめりはりをつけ、その配分がどれくらいがちょうどいいか、空間を印象付ける大事なポイントだと思います。

お部屋の統一感がありつつ、すごく落ち着いた印象を感じました。
ここが滞在する場所だとしたら、尚更、ホッとできて嬉しいです。

洗面の天井にもウッドウォールパネルを張っていただいてます。
天井に張ったことで木の面積が増えて、とても和らしい温かみを感じました。

白の中にどんな素材と色を持ってくるかで、空間の印象が変わる。
そんなことを感じさせてくれた事例でした!

(オビ)

NO SERVICE HOTEL
浅草からも徒歩圏内にある2部屋だけの隠れ家的デザインホテル。
古いビルをリノベーションした空間は、1フロアに1部屋というつくりで、ゆったりとおくつろぎいただけます。
住所:東京都台東区寿1-17-12 レモンビル3-4F

有限会社オフィス・エコー

住宅のリノベーションを中心にオフィス、飲食店、ホテルなどのデザインも手がける設計事務所。

事務所の上のフロアを「NO SERVICE HOTEL」として運営もしています。

紹介している商品

WL-WB011-03-G173
¥4,400/㎡

関連する事例記事

古き良きのその先に
古き良きのその先に
ツールボックス工事班が工事を担当した、古き良き趣を守りつつ、住みやすさをアップデートした賃貸マンションのリフォーム事例です。
リビングの本領発揮!賃貸マンションリフォーム
リビングの本領発揮!賃貸マンションリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、ファミリー向け賃貸マンションリフォーム事例のご紹介です。
木を愉しむ家
木を愉しむ家
天然木ならではの美しい木目が壁一面に広がる、柔らかな雰囲気漂う住まい。一つとして同じものはない木の表情は、眺めているだけで心を穏やかにしてくれる不思議な魅力に溢れています。そんな木素材を効果的に空間に取り入れた事例をご紹介します。
遊びが閃きのフックになる。自然が身近な地方暮らし
遊びが閃きのフックになる。自然が身近な地方暮らし
リモートワークが浸透したことで、東京圏の企業に勤めたまま自然豊かな環境に移り住む「転職なき移住」が注目を集めています。都心とは異なる地方での暮らしとは。東京から新幹線で約60分、別荘地としても知られる栃木県那須塩原市に建てられた新築平屋の事例をご紹介します。