マンション最上階の角部屋、日当たり抜群のお部屋には大きく育った観葉植物たちがお出迎え。「こんなに大きくなるとは思ってもいなかったです」と話すのは家主の岡原さん。

都内に48平米3LDKの中古マンションを購入し、ASSYでリノベーションされたのは4年前のこと。
「個室で仕切ってしまうと、その分スペースをとってしまうのでもったいない」と元々3LDKだった間取りを1LDKに変更。

BEFOREの間取り

BEFOREの間取り

間取りを大きく変更するのではなく、間仕切りを減らして開放感を出しました。

間取りを大きく変更するのではなく、間仕切りを減らして開放感を出しました。

ASSYを選んだ経緯と現在の暮らしについて、岡原さんにインタビューをしてきました。

「これでいい」と思えた

元々会社の寮に住んでいたという岡原さんですが、コツコツと集めてきた古美術コレクションを飾って楽しめる場所を探していたところ、会社の近くに売り出し中の物件を発見。
内装の状態はあまりよくなかったが、立地・日当たり・広さなど「こんな良い条件はなかなか無い」とリフォームありきで購入を決意されました。

最上階の角部屋のお部屋。日の光がサンサンと差し込むリビングで植物たちも嬉しそう。

最上階の角部屋のお部屋。日の光がサンサンと差し込むリビングで植物たちも嬉しそう。

いざ物件を購入しよう!としたその時、リフォーム一体型住宅ローンを借りる際にはリフォームの工事金額が必要だと知った岡原さん。
書類の期限が迫る中、様々なリフォーム会社を検討している時に出会ったのがASSYのパッケージリノベーション。
ASSYは物件の平米数で金額が決まるため、工事金額がひと目でわかるのも魅力の一つです。

「ラワン・白塗装・コンクリート」がキーマテリアルになっています。

「ラワン・白塗装・コンクリート」がキーマテリアルになっています。

また、ASSYは素材や仕様があらかじめ決まっています。
「細かい仕上げまで自分では気を使えないので」とスペックされているパーツや素材を実際に見て「これでいい!」と即答。

「ラワンの板張り天井は、重い印象になるかなと思っていたのですが、むしろ圧迫感を感じなくて気に入っている。」板の隙間をあけて貼る『目透かし貼り』など細かいデザインが効いています。

「ラワンの板張り天井は、重い印象になるかなと思っていたのですが、むしろ圧迫感を感じなくて気に入っている。」板の隙間をあけて貼る『目透かし貼り』など細かいデザインが効いています。

床は無塗装が標準仕様。岡原さんはご自身で『蜜蝋ワックス』を塗装しました。色褪せや染みなども「意外と気にならない。また蜜蝋塗れば良いので。」と経年変化を楽しんでいる様子。

床は無塗装が標準仕様。岡原さんはご自身で『蜜蝋ワックス』を塗装しました。色褪せや染みなども「意外と気にならない。また蜜蝋塗れば良いので。」と経年変化を楽しんでいる様子。

そして、完成したお部屋に住んでみるといろいろな気付きがあったそうです。

予期せぬ景色との出逢い

リビングドア越しに見える廊下の景色。トイレに座って見渡す景色。
「どこで何をしていても、そこから見える景色が秀逸なんです」と住んで4年経った今でも、ふと見た先の景色にハッとする瞬間があるそうです。

リビングドアから廊下を眺めた景色。「なんだかちょうど良い光が!」と廊下の照明に照らされた場所に絵を飾ってみたり。

リビングドアから廊下を眺めた景色。「なんだかちょうど良い光が!」と廊下の照明に照らされた場所に絵を飾ってみたり。

廊下側から見るとこんな感じ。

廊下側から見るとこんな感じ。

トイレに座って、見渡した景色。スペースの問題で1室にまとめた洗面まわりだが、実際に過ごしてみると「景色が最高」という気付きが。

トイレに座って、見渡した景色。スペースの問題で1室にまとめた洗面まわりだが、実際に過ごしてみると「景色が最高」という気付きが。

今回施主支給したという、お気に入りの「メディシンキャビネットミラー」を眺められるのも良い。

今回施主支給したという、お気に入りの「メディシンキャビネットミラー」を眺められるのも良い。

洗面入り口からトイレを眺めて。トイレ空間は壁の塗り分けや上部の垂壁によって洗面空間と棲みわけされています。こういう工夫に驚かされるとのこと。

洗面入り口からトイレを眺めて。トイレ空間は壁の塗り分けや上部の垂壁によって洗面空間と棲みわけされています。こういう工夫に驚かされるとのこと。

梁や壁、天井など素材の重なりから生み出された奥行きは、まだまだ知らない景色を見せてくれそうです。

実は岡原さん、普段から予期せぬ出逢いに溢れていました。
例えば「道端に落ちていて、素敵だったから連れて帰ってきた」という鋳物でできた扉の戸車部分のパーツ。

手前のオブジェとして飾られているのが戸車のパーツ。実はこのように立たせるのにはコツがいる。倒れていると「地震が来たな」と目印になっているんだとか。

手前のオブジェとして飾られているのが戸車のパーツ。実はこのように立たせるのにはコツがいる。倒れていると「地震が来たな」と目印になっているんだとか。

キッチンには「壊れないからと使い続けて早20年」と年季が入ったフライパン。

戦い抜いてきた逞しさを感じる

戦い抜いてきた逞しさを感じる

「特に石好きではないのですが」と話しながら見せてくれたのは個性ある石たち。

旅先の思い出として飾られています

旅先の思い出として飾られています

「欠けがあったりすると色々な食器がセットになって安く手に入ったりします」と自ら金継ぎを施したカップ。

自分で補修することで新しい価値が生まれる。他にも金継ぎされるのを待っている子たちがいました。

自分で補修することで新しい価値が生まれる。他にも金継ぎされるのを待っている子たちがいました。

岡原さんとお話していると、置かれているもの全てにストーリーがあり、深い愛情を感じました。
普段見逃しがちなものにも素敵な魅力が隠されているんだ、と私たちもハッとした気持ちに。

そんな予期せぬ出会いで増えたコレクションたち。
それらを受け止めてくれるのが「ラワン・白塗装・コンクリート」と異なる素材が混在したASSYの空間。
力強い器が料理を引き立たせてくれるように、ただまっさらな背景となるのではなく、そこに置かれるものたちによって「景色」となり、どんなものでも受け止めてくれる。 そんな柔軟さがあるように感じます。

良き背景になってくれるASSY。空間に統一感があるのは、使われている素材のトーンがデザインされているからこそ。ASSYと出逢えなかったら細かい仕立ての大切さに気づけなかったと話す岡原さん。

良き背景になってくれるASSY。空間に統一感があるのは、使われている素材のトーンがデザインされているからこそ。ASSYと出逢えなかったら細かい仕立ての大切さに気づけなかったと話す岡原さん。

学びを生かして実践へ

お話を伺っている中で見えてきたのは、岡原さん自身もASSYの空間のように柔軟な人柄であるということ。
飽くなき探究心によって、さまざまな角度から魅力を見出すことのできる視点をお持ちでした。

「ほとんどここにいます」と教えてくれたのはキッチン。ここからリビングも見渡せます。ちょうどいい高さに設定されたカウンターは作業するにも食事をするにもちょうどいい。

「ほとんどここにいます」と教えてくれたのはキッチン。ここからリビングも見渡せます。ちょうどいい高さに設定されたカウンターは作業するにも食事をするにもちょうどいい。

今回のASSYリノベーションの経験で家がどのように作られていくのか目の当たりにし、家づくりの楽しさと同時に家づくりの工程を学べたと言う岡原さん。
実はこの経験を活かし、その後ご自身で賃貸用の物件を購入しリフォームされています。

ものに歴史があるように、住んでいる方の人柄を知れる「家」という空間にとても興味があるそう。
貸し出している賃貸物件も、こだわりに共感してくれる住人が引き寄せられ、思い入れに応えてくれる。
「退去する時とか『傷あったので補修しておきました!』ってきれいにしてくれるんですよ。」と楽しそうに話してくれました。

『STAY HUNGRY STAY FOOLISH』の心、忘れるべからず。

『STAY HUNGRY STAY FOOLISH』の心、忘れるべからず。

岡原さんの興味の輪がどれだけ広がっていくのか、今後の展望が楽しみです!

(アズマ)

ASSYでリノベーションした他の家についてもコラムで紹介しています。是非のぞいてみてください。

ASSYの仕様や詳細をご覧になりたい方はASSYの特設ページや、カタログをご覧ください。カタログは無料で請求が可能です。

フルリノベーションではなく、部分的にASSYを取り入れたいというご相談も受けつけております。部分リフォームを検討している方もお問い合わせください。

紹介している商品

LT-PS008-OP12-G141
¥748
PS-HD013-01-G141
¥4,950
FL-FL012-07-G111
¥8,990/㎡
LT-PS008-OP14-G141
¥440
PS-BK001-01ZC-G141
¥2,900/本