今日ご紹介させていただくのは、賃貸リノベの一室に使われた「キャビネットキッチン」の事例です。

今回はプロのお客様に導入いただきました。

どんな理由でこのキッチン導入に至ったのでしょうか。

「オーナーさまより、一人暮らしなので小さいキッチンでもいいという話でしたが、よくある賃貸の狭いキッチンでは料理がしづらく入居者の方が不便に感じることも多々伺いますので、ある程度の大きさがあるキッチンを探していました。

今回選定していたW1500のキッチンは狭すぎず、大きすぎずちょうどよかったのと、マットなブラックのキッチンや、リンナイのドロップインコンロが組み合わせできるところがデザイン性も高く、決め手となりました。」

と、このキャビネットキッチンの生まれた背景をバッチリ汲み取った選定内容!

私はショールームでお客様のお話を伺う機会が多いのですが、賃貸オーナー様のお悩みは、キッチンの使い勝手と見た目のバランス。

toolboxでは足元スッキリなフロートタイプのキッチンも展開していますが、特に、「収納はどうしたらいいの?」なんて質問も多々いただきます。自分で使う分には気に入ったキャビネットなんか置いてもいいですが、賃貸となると、収納のある安心感が最初から打ち出されたこのキッチンは丁度良く、しっかりオススメできます。

セットでブラックの「フラットレンジフード」も選定いただき、スッキリポイントアップです。

他の角度からも見てみましょう。

キッチンと同じラインで貼られた白いタイル。その先に繋がるのは、なんと洗面!
「洗面をあえて洗面室から出しているので、少し変わった間取りではありますね。」と、お客様。

洗面を個室化しないことで、他のスペースが広く取れたり、帰宅して部屋に入ってすぐ手を洗う、など動線の意味でも意外と効率的だったりしますね。
水回りとしてタイルでまとめていることもあり、キッチン空間との馴染みもあります。

お部屋全体が見えるアングルのお写真もいただきましたよ。

グレートーンで落ち着いたインテリアのお部屋は、床の素材の違いでゾーニングされ、広さを感じながらうまくスペースが使い分けられています。

洗面空間をあえて表に出してみたり、壁を使わないゾーニングの仕方など、商品の使い方以外にも参考になる事例でした。

素敵なお写真ありがとうございました!

(サコ)

ハコリノベ

『“ONE HOUSE FUN HOME”
 自分の想いを詰め込んだ、他のどこにもないその家で、日々の暮らしを楽しんで欲しい。』
そんな想いをモットーに、不動産の仲介、販売、リノベーションをワンストップで行う会社です。
拠点は大阪と横浜。リノベーションのプロフェッショナルたちが、あなたのお家づくりをサポートします。

紹介している商品

関連する事例記事

原状回復+α!
原状回復+α!
ツールボックス工事班が工事を担当した、間取りを変えずに施した表層リフォームの実例をご紹介。
斜めの間取りとあかりで居場所をつくる
斜めの間取りとあかりで居場所をつくる
廊下を無くし、ゆるく間仕切られた広いワンルームのようなお宅。実は普通の家とはちょっと違うユニークな工夫があるんです。
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
ワイン好き夫婦がお家で美味しくワインを飲めるように作った、こだわりのオープンキッチンの事例をご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。