天井には木が貼られ、柱や梁は躯体現し。モルタルで塗られた壁もあれば、白い壁紙が貼られた箇所もある。そして床はフローリング。様々な仕上げ、素材が混じり合いながら、まとまりをもったこちらのお部屋。バランスがとっても素敵です。

個人的に特に気になった、木で仕上げられた天井をよく見ていきたいと思います。

天井の木材はキッチンの上にだけ貼られています。そうすることで、リビングダイニングとの間に間仕切りはなくとも、なんとなくキッチン空間というゾーニングがされているようにも感じられます。

オープンなのに緩やかに分かれている。料理するときとソファでダラっとするとき、それぞれの居心地を変えられそうです。

でも実は、ドアを開けると廊下まで木が繋がっているのもまた素敵な演出。廊下からリビングを見るこの風景が、素敵。

この天井の木は『スライスウッド』のオークなのですが、木目の表情が豊かなおかげで、空間にあたたかみもプラスしてくれています。

躯体現しの部分や、モルタル仕上げの壁だったり、無機質に感じる部分も、スライスウッドと合わさることで冷たい印象を感じさせません。この空間において、要となる存在ですね。

また、床壁天井などの広い面積の仕上げだけでなく、そこに使われている細かいパーツも、魅力的なものを組み合わせていただいています。

たくさんのキッチンアイテムを飾る棚は可動式の『ウォールディスプレイパーツ』。置くものが変動することも多いキッチン。動かせるっていいですよね。

ウォールディスプレイパーツの鉄の表情がモルタルの壁にぴったりです。

躯体現しになっている壁には、分厚めの棚板にあわせた「棒棚受け」。ここまで厚さのある棚板と合わせると、控えめに支えてる棚受けの姿が愛らしく見えてきます。

棚受けの、ムラのある黒塗装がラフな躯体にハマっています。

複数の仕上げと、それらに合わせるパーツ。全てのバランスが気持ち良いお部屋でした。

関連記事

増殖したキッチン収納
増殖したキッチン収納
『ウォールディスプレイパーツ』を追加して、キッチンの収納量をアップさせた事例をご紹介。
左に気づく。自由なアイデアの収納術
左に気づく。自由なアイデアの収納術
左壁に目を向けた、ユニークな収納アイデアをご紹介。洗濯機上のスペースを巧みに活用し、機能をアップグレードさせた事例です。
テキスト:きつかわ

関連する事例記事

「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
古き良きのその先に
古き良きのその先に
ツールボックス工事班が工事を担当した、古き良き趣を守りつつ、住みやすさをアップデートした賃貸マンションのリフォーム事例です。
大きな窓と猫ステップがつくる癒しの空間
大きな窓と猫ステップがつくる癒しの空間
結婚を機にマイホームの検討を始めたNさん夫婦。Nさんたちはどんなふうに家づくりを進めていかれたのか。その様子をご紹介します!
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、戸建住宅のリフォーム事例のご紹介です。既存の雰囲気を壊さないようにしながら設備をアップデートして、家族が快適に暮らせるように整えていきました。