機能的じゃなくていい。自分の価値観で決める部分リフォーム

質感のよい賃貸マンションからツルピカ3階建て戸建て購入へ

賃貸デザイナーズマンションから、築8年の戸建てに引っ越ししたご夫婦。購入した中古の家は、3階建て、トータル98㎡。フローリングやクロスなどはすごくキレイな状態で、トイレは1階と2階に2箇所。キッチンは収納ばっちりの食洗機付きのL型と、よくある都心のファミリー向けのつくりをしていました。

グループ会社のスピークが手掛けた以前お住まいのデザイナーズマンション。その時仲介で知りあったご縁で改装のお手伝いをすることに。

グループ会社のスピークが手掛けた以前お住まいのデザイナーズマンション。その時仲介で知りあったご縁で改装のお手伝いをすることに。

引越した3階建ての戸建ての外観。

引越した3階建ての戸建ての外観。

賃貸マンション時代に質感のいい空間のよさを経験したお二人。仕事の都合で職場に近い、いまの戸建てを手に入れたものの、将来的にはご主人の実家に移り住む可能性もみえていました。前の家と同じくらい質感のよい家に変えたいという思いもありつつ、予算的にも納得できる範囲でと、メリハリをつけて部分リフォーム。

その時の様子は、「そのリノベ、どこまでやる?」で以前ご紹介したのですが、引っ越して1年3ヶ月。改めて、その暮らしぶりを取材させていただきました。

フローリングも既存のまま。ほぼやりかえなかったリビング空間。明るくて気持ちがいい。

フローリングも既存のまま。ほぼやりかえなかったリビング空間。明るくて気持ちがいい。

共働きDINKS、自分のスタイルが確立している50代の奥様Kさん。引越早々リモートワークが定着。日中も、仕事をしながら自宅で過ごすようになり、一日の大半は、仕事をしたり、ご飯を食べたりと、リビングダイニングで過ごしているそう。

ご主人は、家の近くの職場へ出勤し、お昼はご飯を食べに帰ってくるようなスタイルなのだとか。

オーバースペックなファミリー仕様のシステムキッチンを丸っと入替え

当初から、ここだけは変えたいと思っていたキッチン。リビングダイニングの奥に独立したつくりになっていました。

BEFORE のキッチン。ツルっとキレイな状態ではありましたが、吊り戸棚もあって収納たっぷり、食洗機も付いた高スペックな内容でした。

BEFORE のキッチン。ツルっとキレイな状態ではありましたが、吊り戸棚もあって収納たっぷり、食洗機も付いた高スペックな内容でした。

既存はL型で食洗機付き、吊り戸もしっかり揃ったファミリー仕様のキッチンでした。ですがKさんは「全部扉付きの吊り戸は、モノが取り出しづらく、どこに何があるか管理しきれない。食洗機もいらないし、自分たちにこのキッチンはオーバースペックで使いこなせない。面材のツルっとした感じや色も好みではない」と、『キッチンSETUP-01』を導入することに。

『キッチンSETUP』とは、キッチン本体から水栓、レンジフードなどの設備パーツ、壁や床のタイル、棚などのアクセサリー類まで全てセットになっていて、既存の空間のサイズに合わせてはめこむことができる商品。対応エリアでは取り付け施工サービスも行っています。

既存の窓などをいかして導入できる「SETUP」。窓を生かしてオープン棚、タイルの位置を調整しています。

既存の窓などをいかして導入できる「SETUP」。窓を生かしてオープン棚、タイルの位置を調整しています。

「一番お金をかけずにキッチンを改装するなら、気に入っていない扉の面材だけを変えるという提案ももらったのですが。やはり、L型の部分が使いづらいなと思って、結局セットアップでを導入することにしました。私、機械を信用していなくて(笑)食洗機は使わないから、それもいらないなと」

(注:希望の方にはSETUP-01は、オプションで食洗機もつけられます)

最終的に、既存のL型キッチンからサイズを縮めて、質感重視、隠れた収納とオープンな収納が混在するI型キッチンへと、空間ごと丸っと入れ替わりました。

背面は冷蔵庫と収納スペースに。白い扉は、洗面・浴室とトイレ。奥にリビングダイニングがあります。

背面は冷蔵庫と収納スペースに。白い扉は、洗面・浴室とトイレ。奥にリビングダイニングがあります。

『フラットレンジフード』底面の唯一磁石が効く面にフックをつけてツールを吊って活用中。

フラットレンジフード』底面の唯一磁石が効く面にフックをつけてツールを吊って活用中。

「もともとのセットでは白タイルに黒目地という組み合わせだったのですが、コントラストが強い気がして、目地をグレーに変えてもらいました。

在宅ワーク中心になったこともあって、キッチンに立つ頻度は1日に3回以上に増えましたが、タイル目地の汚れは全然気になりませんね。キッチンパネルだったら、汚れが目立ちそうで料理した後、軽く拭くとかしてたと思うけど……ほとんど拭き掃除もしてないですね」

たしかに、コンロ側のキッチンもじっくり拝見しましたが、全く汚れは見えず。Kさんが以前使っていたキッチンにも取材者である私の家のキッチンにも、白い100角タイルが使われていたのですが、「面の広いタイルより、細かいタイルの方が汚れも目立ちづらいのかも」とお掃除トークに花が咲きました。

カスタマイズしがいのあるキッチン。使いながら納得いくカタチに

ダイニングキッチンが落ち着ける場所になる。木製のキッチンを中心に部屋をつくる要素を一式セットにしました。

「キッチンSETUP-01」のキッチンの収納は、中に棚のない扉収納と、深型と浅型の引き出し、陶器のラックと、木製オープン棚という、作り込まれすぎていない内容。もともとあった吊り戸棚も外し、Kさん宅のキッチンは収納量もコンパクトになりましたが、どう使いこなしているのでしょう。

機能的じゃなくていい。自分の価値観で決める部分リフォーム19

「道具の配置は、試行錯誤しながらでしたね。最初に、窓上のオープン棚をどう使おう?と迷って。キッチンの引き出しの中も含め、ラックとか、収納ボックスを買い足していって、徐々にいまのカタチになってきました」

お鍋などが置かれることが多いと思っていた上部のオープン棚には、元々持っていたワイヤーラックを利用してカッティングボードなどの板モノや料理本を置いていました。高い位置にあっても、カゴごと取り出せて便利そうです。

なかなか見る機会のない、引き出しの中も披露していただくことに。