日当りのいいリビングでくつろぐ中村さんご夫婦。(撮影:Masanori Kaneshita)
日当りのいいリビングでくつろぐ中村さんご夫婦。(撮影:Masanori Kaneshita)

以前に、「レトロ戸建ての良さを引き出すプチリノベ」という記事でご紹介もしている、戸建てをプチリノベされたお家。

前回の記事が公開されたのは、住み始めた直後のタイミング。キッチンを中心にビフォーの様子もお見せしつつ、その具体的な改装の様子をお伝えしましたが、今回は、住み始めてから3年経った、いまの暮らしぶりを改めて取材させてもらいました。

CASE2としてご紹介しています。

CASE2としてご紹介しています。

貝の家がモチーフの青い表紙のtoolboxカタログ2021-2022年版の冒頭にある「妄想を実現した人たちの家」にも掲載中。その暮らしぶりやアップデートされた様子をお届けしています。

この家の気持ち良さは前の住まい手が一番よく知っている

中村晃さん・ゆかりさんは、現在、小学校4年生の息子さんとの3人暮らし。結婚してから、仕事やライフスタイルの変化にあわせて、実に4回目の引越しになるんだそう。今回はお子さんの就学のタイミングに合わせて、築45年になる現在の住まいの3代目の住民となりました。

「最初に内見した時は、この家の2代目オーナーの家具などが入った状態。でも、それがすごくいい感じで、丁寧に暮らしている様子に触発されたんです。

既存の生活導線は悪いんだけど、こういう暮らしがしたいというのが伝わってきました。それまでいろんな家を見てきたけど、ここならちょっと変えるだけでいい感じになる予感がしたんです。」

と、ゆかりさん。内見を重ね、目が肥えてきたタイミングでの出会いでした。

2階からの眺め。家の奥は、大きな生産緑地に面していて気持ちのいい緑と日当たりをのぞめます。(撮影:Masanori Kaneshita)

2階からの眺め。家の奥は、大きな生産緑地に面していて気持ちのいい緑と日当たりをのぞめます。(撮影:Masanori Kaneshita)

がらんどうの家を内見するより、前の方の家具があると、暮らしぶりがイメージしやすいもの。ごちゃっと暮らしていると、マイナスな印象になるところですが、前の住まい手が気持ちよく暮らしていたことで、そのいいところを継承しつつ自分たちのスタイルを足していこうと決断されました。

建具が語る、こういう家にしたいという思いを継承

一般的に、中古を買ってリノベーションをする場合、前の居住者の痕跡は丸っと消すことが多いと思うのですが、この家は、真逆。

DIY好きだった2代目住人によるユニークな痕跡を大切に、間取りもほぼ変えず引き継いでいます。

特に、ご夫婦が気に入ったのは、45年前に建てられた木造家屋ながら、マンションのような洋風の雰囲気をつくりあげていたというルーバー建具たちでした。

ちょっとした棚を置いて、絵とグリーンを飾るスペースに。(撮影:Masanori Kaneshita)

ちょっとした棚を置いて、絵とグリーンを飾るスペースに。(撮影:Masanori Kaneshita)

玄関は、床もタイルもレンガ貼り。壁面のレンガは、2代目オーナーが手を加えたのか、立体的なデザインに仕上げられていました。レンガ横には、白いルーバー扉の収納が。レンガとセットで和洋折衷な昭和レトロ感が出ています。

この玄関は手を加えず既存のままなのですが、白い壁の下に、簡単な箱をDIYして、ポスターとグリーンを飾っていました。このさりげなさがいい感じです。

飴色の立体的でレトロな模様がかわいい玄関扉が見えます。(撮影:Masanori Kaneshita)

飴色の立体的でレトロな模様がかわいい玄関扉が見えます。(撮影:Masanori Kaneshita)

こちらは、ダイニング側から玄関を見たところ。手前のカーテンが掛かっている部分は、元々建具がついていましたが、取り払ってオープンにしています。

気に入ったルーバー扉も、壁一面となると重い印象で軽さを出したかったことと、両開きの扉は使い勝手が悪く、開ける時にダイニグテーブルに干渉するため、思いきって取り外したのだとか。

いまは、その中にガラスの食器棚を置き、上の隙間も棚板を渡して活用しています。

冷蔵庫もオープンに。(撮影:Masanori Kaneshita)

冷蔵庫もオープンに。(撮影:Masanori Kaneshita)

冷蔵庫前の奥のリビングへ向かう扉も、内見時から導線的にいらないと思っていた部分。大胆に扉だけ取り外しています。

キッチン横は、息子くんの学習デスクコーナーをあとから作りました。(撮影:Masanori Kaneshita)

キッチン横は、息子くんの学習デスクコーナーをあとから作りました。(撮影:Masanori Kaneshita)

リビング側から見たところ。

扉が外された門型のゲートの隣、天井にうっすら何かの跡のような線が入っているのが分かりますか?実はここ、キッチン側から使える吊り戸棚が天井付近にあったのをごっそり取り払っているのです。

壁や天井は、全て壁紙の上から自分たちでDIY塗装しました。壁のあった痕跡がうっすら残っているのもご愛嬌。

「予算の都合もあるのですが、柱に子供の身長を記すように、壁のあった痕跡やドア枠を残すのも、この家の時間の経過が感じられる良さがあると思うんです。」と晃さん。中村さん家族のこの家への向き合い方が伝わってきます。

キッチン横の茶色のルーバー扉の収納は、フルに残しています。こうして見ると、ルーバーの建具が、古いけれど、ちゃんとつくられた家という印象をつくりだしているのが分かりますね。

引き継いだ最初の状態。木の要素が多く、キッチンは窓が一部塞がれ、穴蔵のような落ち着いた雰囲気でした。

引き継いだ最初の状態。木の要素が多く、キッチンは窓が一部塞がれ、穴蔵のような落ち着いた雰囲気でした。

引越し当初、3年前の様子。垂れ壁も取り払われ、白く軽やかな空間に。(撮影:中村晃)

引越し当初、3年前の様子。垂れ壁も取り払われ、白く軽やかな空間に。(撮影:中村晃)

そして、現在。ダイ二ングキッチンのグリーンの壁が茶色のルーバー扉をぐっと引き立てています。(撮影:中村晃)

そして、現在。ダイ二ングキッチンのグリーンの壁が茶色のルーバー扉をぐっと引き立てています。(撮影:中村晃)

終の住処のキッチンはオープンと決めていた

この家で、住み始める際に、唯一まるっと手を加えたところはキッチン。タイルの壁で一部埋まっていた窓も全面オープンにしました。

キッチン本体は、天板にコンロとシンクがはまっただけの『オーダーキッチン天板』を入れ、下部収納はなしに。

実はこれ、ゆかりさんがこの家を決める前から、「終の住処のキッチンは絶対に扉付き収納にしない」と決めていたこだわり。

扉があると、知らず知らずのにうちに色々なものをため込んでしまい、引越しのたびに開けてびっくりなものが奥から出てくる。だから絶対、次の家では扉なしのキッチンを実現すると決めていたのだとか。