理想と予算との戦い 〜プランニングから素材選びまで〜

toolboxスタッフである、竹沢の自邸、新築・那須への地方移住実録です。土地探しから完成までを、全3話の連載でお届けします。

希望を書き出してみる

2021年7月、銀行に住宅ローンの相談に行ったりと、お金周りのことも進めつつ、まずは、どんな家にしたいだろうと理想の暮らしから妄想しました。

私の場合、

「家の中でも自然を感じられて、
それでいて夏は涼しく、冬は暖かく快適であること。
使い勝手がよく、内装が美しい、
リモートワークで籠っていてもストレスを感じない家。」

たった4行ですが、ものすごい欲張りな理想です。でも、自由設計なら叶えられそう。

次に、「あれしたい、これ欲しい」を書き出してみました。

・部屋干しするための家事室が欲しい
・夫婦で同時にリモート会議をしても聞こえない距離感の、それぞれのワークスペース
・夫の書斎は子供がいる時間帯でもうるさく無いよう個室にしたい
・子ども部屋は必ずLDKを通る間取りに
・パントリーにセカンド冷凍庫を置きたい(都会暮らしより外食減って冷凍庫がぱんぱん)
・食洗機と浄水器をつけたい
・toolbox商品のアレとコレを使いたい

など、具体的なことまでいろいろ書き出して打ち合わせに望みました。

内装・インテリアに関する、「こんなキッチンにしたい」や「収納はこうしたい」などは、前回の家づくりと同様にイメージボードにして工務店さんに伝えました。

理想をまとめたイメージボード。

理想をまとめたイメージボード。

また、今回は工務店さんとイメージを共有するツールとして、Pinterestを使ってみました。まずは工務店さんが施主の好きなイメージを知るために使い、その後の打ち合わせでは写真を見せながら「リビングドアはこの写真のようなプロポーションにしたい」「玄関と廊下はこの写真のような間接照明にしたい」など、どこが気に入ったのか伝えていました。

Pinterest共有は、その写真のどこが気に入ったのかはっきり伝えて誤解のないようにした方が良いと思います。

工務店さんと共有したピンタレストのボード。

工務店さんと共有したピンタレストのボード。

間取りに関しては、基本は工務店さんから提案いただいた配置が気に入ったのですが、自分の生活動線や持ち物に合うように細かな部分を変更してもらいました。

細かい変更希望を図面にメモして、打ち合わせに持っていきました。

細かい変更希望を図面にメモして、打ち合わせに持っていきました。

家事室はマスト

東京に住んでいた時から家事室のある暮らしが気に入っていたので、新居でもマストと考えていました。

花粉症で、急な雨や寒い日でもいつでも安心して洗濯物を干せるというのが理由でしたが、田舎へ来て、理由が2つ増えました。ひとつは虫。木に囲まれているため、見慣れない虫がたくさんいます。気づかないうちにクローゼットに連れてきてしまうのが怖い。そしてもう一つは那須ならではの理由。日本屈指の酪農地域のため、風向きによっては匂い……牛さんの香りが漂ってきます。

一年を通して、快適に部屋干しができる家事室。移住をして、ますますその必要性を感じることになりました。

また、洗面所とキッチンを行き来する動線と、冬場に湿気がLDKに流れるような位置関係を意識しました。

我が家を舞台に生まれた、「ランドリーハンガーパイプ」の開発コラムも合わせてご覧ください。

1本使いから、L字配置やコの字配置へもカタチを拡張できる『ランドリーハンガーパイプ』。花粉症がひどく、以前から室内干しできる「家事室」の理想的なあり方を模索していたスタッフが、熱い思いをもって開発しました。

内装は「基本はシンプル」

基本は壁の色は統一してホワイトグレーに。前回の東京での家づくりと同じ考えで、奇抜な色などは使いませんでした。飾りたい絵や花瓶、オブジェもありますが、那須の家では、いちばんの絵は目の前の木立。それが際立つようにしたかったからです。

本当は東京の家と同じように塗装壁にしたかったのですが、田舎の戸建てなので、施工面積が大幅アップ。塗装では予算的に見合いませんでした。工務店さんは塗装壁の魅力もよく知ったうえで、おすすめの塗装壁風クロスを提案してくれました。

ちょうど工務店さんの他の物件の見学会があり、同じクロスが使われていたので、貼られた状態を確認できました。満足のいくクオリティのものだったので、そのまま採用することにしました。

左端のグレーを採用。これだけグレーでも壁全体に貼ると白に見えます。品番はサンゲツSGB2272

左端のグレーを採用。これだけグレーでも壁全体に貼ると白に見えます。品番はサンゲツSGB2272

2種類のフローリング

今回、最初にイメージしたのは床。

vol.1で「こんな家に住みたい」と一目惚れした戸建てが、LDKが白い幅広のフローリング、寝室個室はちょうど「燻蒸フローリング」のようなスモーキーなオークのフローリングの2種類の床。どちらも海外のような雰囲気が素敵で憧れました。

同じ家で2色のフローリングを使うのは高度だと思いつつ、うまく見切ればいけるだろうと、よくわからない自信がありました。

フローリングの色を決めるため、サンプルを取り寄せて試し塗り。オスモカラーの#2708ペブルグレーを採用。

フローリングの色を決めるため、サンプルを取り寄せて試し塗り。オスモカラーの#2708ペブルグレーを採用。

海外みたいなキッチンに憧れて

そしてインテリアとして一番こだわったのは、やっぱりキッチン。

Pinterestの海外事例で目に止まった、石天板の木製キッチンを見て、「この雰囲気を家のメインにしたい!」と決めました。

オーダーメイドのキッチンは予想通り高額でしたが、ここは職業的にも将来の投資だと思って、やりたい仕様を優先しました。日本のキッチンメーカーで見たことがない意匠を試してみたかったのです。

それから、レンジフードは天井埋め込みにすることに。軽やかな「フラットレンジフード」を、さらに存在感を消してみました!

理想と予算との戦い 〜プランニングから素材選びまで〜21

しかし、これは写真では分かりづらいのですが、天井面とレンジフード本体との間にどうしてもわずかな隙間が出来てしまうというデメリットもあります。お客さんにすすめられるかは別として、自分的には満足です。そんなことができるのは、自分の家だけですからね。

そのほか今回の家にもtoolboxの商品をいろいろと使いましたが、そちらは完成後の写真で紹介するとします。

ここまで、内装やインテリアの希望を伝えることに関しては、マンションリノベとさほど変わりませんでした。そして妄想としてはいちばん楽しい部分でした。

一方で、一番難しかったのが「夏は涼しく、冬は暖かく快適であること」の部分でした。

希望を叶えるには高気密高断熱の家にすることなのですが、なかなかマニアックなお話。お住まいの地域によっても興味が別れるところなので、特別編として後日掲載にしたいと思います。

予算のかけどころと、抑えどころ

造作キッチンや気密断熱施工でお金がかかる分、どこかで節約しないと破産します(笑)。

なんせ戸建ては庭や駐車場にもお金がかかりますから。

キッチンは石天板(大理石やクォーツストーン)だと予算オーバーしすぎるので、コーリアンという人工大理石にしました。一応、高額なものも含め、サンプルを取り寄せて確認したのですが、コーリアンの色味で気に入ったものがあったのでよかったです。

キッチントップは見た目だけでなく、耐熱性やお手入れも考えて選ぶのが良いと思います。