toolboxスタッフである、竹沢の自邸、新築・那須への地方移住実録。断熱、地方移住、虫、車生活などのキーワードが気になる方にマニアックにお届けする全4話の最終回です。

高気密高断熱へのこだわり

冬暖かくて、夏涼しい、一年を通して快適な家。優先順位はともかく、誰しもが望んでいることではないでしょうか。

東京の築40年のマンションに住んでいるときのこと。気密性のない玄関ドアから、冬場は冷気が入ってきました。廊下からリビングに入るドアを閉めていないと寒かったので、息子や夫の開けっぱなしにイラっとすることもありました。

移住先の栃木県・那須は山が近く、東京より寒い地域。群馬県の実家が寒かったので「戸建は寒い」というイメージがあり、家を建てる際は冬でも快適に暮らせる家にしたいと思っていました。

日本は欧米の国々に比べると「省エネ基準」と呼ばれる、国の定める基準値が先進国の中で最低レベル。「断熱気密」への取り組みが極端に遅れていることで有名です。ただ、「断熱気密」が重要と分かっていても、この世界は、知らないことだらけ。内装の仕事をしていても、正直まったく知識がありませんでした。

当然ながら気密断熱の性能によって工事の見積りが変わってきます。家を建てる土地が決まり、工務店さんからその土地に合わせたプランの提案を待っている頃の私は、本を読んだり、毎日ひたすらYouTubeで「気密断熱」と検索していました。勉強が嫌いな私にはYouTubeはわかりやすく、通勤時間に見られるのもありがたかった。

よく見ていたチャンネルは以下です。

兵庫、大阪で高断熱高気密住宅専門の建築家集団 松尾設計室
げげさん
「家づくりの知識」 オガスタ新潟の社長チャンネル
姫路の工務店クオホーム 注文住宅
家づくり せやま大学【ちょうどいい塩梅の家づくり】

ユーザー目線を大切にしながら専門家が解説してくれる、こちらの本がとても参考になりました。「あたらしい家づくりの教科書」「これからのリノベーション 断熱・気密編

どこにどうやって依頼するか

我が家が地元の工務店さんに決めた理由は、Vol.1でも書きましたが、正直言ってデザインセンスでした。当初、同時に高気密高断熱を得意とした設計事務所・工務店もたくさん調べました。
いいな、と思うところはあったのですが、対応エリア外……。それに、那須の気候やエリアの特徴をよく知っている人のほうが良いと思い、地元の会社に絞って探し直しました。
探していて思ったのは「性能とビジュアルの両方で満足いく会社がない」ということ。

デザインについては好みが分かれますし、高気密高断熱はそれなりに高額になるため、私の求める条件を万人が好むとは限りません。Vol.3の最後で「自分の価値基準に合っていて、満足のいく家が良い家」だと私の考えをお伝えしましたが、自分が求める「高気密高断熱×ビジュアル満足」はなかなか難しい要望なのだと気付かされました。

こんな海外みたいな家ばかりピンタレストで見てまして。こんな雰囲気で気密断熱性能も求めるなんて、理想が高いのはわかってます……

決めた希望数値はこちら

最終的に依頼した数値は、「国が推奨している省エネ基準」や「ZEH基準」よりも高い、HEAT20 G1相当でC値は1.0以下、UA値は0.46を希望しました。(那須塩原は地域区分4)

C値とは建築した建物の気密性能を示す値。家全体の延べ床面積に対する隙間の総量を、気密測定で計測します。UA値は断熱性能を表す値で、どちらも数字が低いほど性能が高いことになります。地域区分とは、日本の地域を8つのエリアに分け、必要な断熱性能をエリアごとに定めています。

数値で言われてもぜんぜん想像つきませんが、「東京のRCマンションの中住戸レベルの暖かさ」と聞いて、そのくらいならば良いかなと思って決めました。

また、自分達の快適な暮らしはもちろんですが、将来売却する可能性も考え、今の国の推奨基準値は、今後さらに上がるだろうと予想しての判断でした。

性能を突き詰めると上はもっともっとありますし、その分高額にもなります。同じ数値でも、住む地域の気候によって必要度合いも違います。自分で理解し予算も考慮したうえで選んだのと、知らないで工務店任せにするのとでは、納得感が全く違うと思います。

断熱材も種類がいろいろあります。我が家はグラスウールの「アクリアアルファ」でした。

窓が大事

「断熱」は、外の暑さや寒さが家の中に伝わらないようにするということ。窓際ってひんやりするイメージありませんか?それはガラスの性能で防ぐことができます。
「気密」は隙間風を想像してください。たとえば、高断熱で気密がとれていない家は、穴がたくさん空いたダウンコートのようなものです。

気密断熱には窓が重要です。

窓の形状として、引き違い窓は気密性が低いので採用せず、FIX窓、押し出し窓、上げ下げ窓を使うことにしました。