はじまりは2020年の秋頃

都内のマンション暮らしをしていた私たち家族は、4歳の息子との3人暮らし。仕事柄、夫婦ともに住宅関連の情報に触れることは多く、その日も何となく色々な不動産ポータルサイトを見ていました。

ふと、目に止まった戸建て。
そこは木立の中に建ち、窓から緑しか見えないようなロケーション。
「めちゃくちゃ好み!!こんな家に住みたいね!」と夫婦2人でテンション爆上がりでした。

「ちなみに場所は……軽井沢……そうだよね。別荘だよね。てか東京にこんな家あってもとても買えないし(笑)」

普段ならそこでこの話題は終了。なのだけど、どうも何かが引っかかる。

(この家かどうかはともかく、軽井沢って場所的に本当に住めないんだっけ?)
(リモートワーク中心になって、毎日会社に通わなくなったし、新幹線が通っていれば、どうにかなるのでは?)

ちょっと真剣に、東京の外で暮らすことを考えてみようか?
そんなところから、我が家の移住計画がスタートしたのでした。

東京から離れる理由、ある?

もともと住んでいたのは東京・世田谷区の駒沢。

築40年の中古マンションを購入し、リノベーションをした住まいを家族全員とても気に入っていっていました。近くに公園があるし、商店街もあるし、保育園は歩いて3分だし。とにかくこの家、この環境が大好きでした。

その時の家づくりの様子はこちら↓

toolboxスタッフが自邸のリノベーションをすることに。 中古マンションの購入から完成までを、ノンフィクションで赤裸々にお届けします。

マンション購入から4年弱。住宅ローンはたっぷり30年以上残っている。
2人とも東京の会社に勤務で、リモートOKとはいえ月に何回かはオフィス行く必要がある。電車とバスの公共交通機関があれば、ほとんどの用事は済むし、子連れで遊ぶ場所にも困らない。

これだけ制約や都合の良い条件が揃っていて、東京から離れるべき理由を述べよと言われたら、正直見当たらなかったかもしれません。

結局、移住の一番の理由は......

「家づくりをもう一度したい」

他にも移住の理由を挙げようと思えば挙げられるのですが、結局ここに行き着くと思います。

私はtoolbox、夫はcowcamoというサービスを運営している会社へ勤めているので、住まいへの熱は人より高い方です。

リノベーションを何度か体験していたり、仕事柄リノベには詳しいかと自負しています。しかし、新築となると、途端に知らないことばかり。

改装可な賃貸マンションをリノベして自分でフローリングを貼ってみたことも 。その時の記事はこちら「how to make 自分でフローリングを貼ってみた!

「新築戸建てを経験したら仕事に役立つはず」

なんて大義名分もありましたが、結局は単純に家が好きなのです。

理想的な戸建てに魅せられ、東京から離れたらスケールの違う家づくりが出来そうだという発見があったからこそ、それにチャレンジしてみたくなったのでした。

地方移住に向けトライしたい6つのチャレンジ

・持ち家売却を経験する
・不動産の流動性が低いと言われる地方で戸建てを持ってみる
・イチから家を建てる経験をする
・車10分で、いつでもマインドフルネス出来そうな環境に身を置いてみる
・自然豊かな環境で子供を育てる。なるべく「本物」を経験してもらう
・オフィスから離れて働くことでの弊害があるか経験する

リモートワークが一般的になってきているとはいえ、オフィスに行くことの習慣は簡単に変わりそうにありません。でも、だからこそ、新しい働き方に挑戦してみたいというワクワクがありました。

我が家では、上記のような経験をすることで暮らしや働くことに新しい発見を見出したいと思っています。

週末は大自然の中でおもいっきり遊ぶようになりました。

選んだのは、もっと面白くなりそうな余白のあるまち

なんで那須なの?とよく聞かれます。

私たちが選んだ土地は栃木県那