写真提供:cowcamo

toolboxスタッフである、私の自邸リノベーション実録です。中古マンションの購入から完成までを、全3話の連載でお届けします。

20代と30代の夫婦で、おなかの中にはまもなく産まれる第1子。時間も予算も余裕のなかった私たち夫婦が、最速期間でやりきった4ヶ月間。

家づくりって楽しいけれど、タイトな時間で決めることが多くて、知識もイメージもないところからのスタートは、なかなか大変なことです。だから、できる限り準備をしておくことをおすすめします。

私たちの経験が、これからリノベーションをしようと検討している方の参考になれば幸いです。

第1話では購入までの経緯と、購入時の物件の様子について。

物件選定の基準は人それぞれですが、私がどんな条件で物件を選んだのか、何が決め手だったのか、マンションの契約前にしておいた方が良いことなどを綴ります。

そもそものきっかけは妊娠

それは、ハネムーンの2日前に発覚しました。

海外旅行から帰国した翌日、婦人科でエコーに映る赤ちゃんを見て、喜びとともに湧きあがったのは焦りでした。

やばい‼︎今の部屋では育てられない‼︎

新婚の夫婦ふたりで暮らしていたのは、もともと私がひとり暮らしをしていた部屋。お互い荷物の少ないふたりは、30平米の1Kに何とか収まっていたのでした。

明らかに増えるであろうベビー用品を想像すると、収納は限界。バストイレ一緒で、ひとりで入るのがやっとなお風呂。インテリアは気に入っているけれど、ここでの子育ては不便が多い。

「子どもが生まれる前に、もう少し広い家に引っ越そう!」

そうして、妊娠発覚と同時に家探しが始まりました。これってきっと、世間ではよくある展開ではないでしょうか。

普通の部屋では満足できない!

私たち夫婦にはひとつ問題がありました。

toolboxで働く妻と、リノベーション物件の仲介をしている夫。

そう、そこにはもう“普通の内装のマンション”では満足できない私たちが居ました。

いわゆる職業病かもしれません…。

独身時代から自分好みにリノベーションした部屋に住んでいた私は、これから産休・育休で毎日居ることになる家が「気に入らない空間」だとストレスになることは容易に想像がつきます。

賃貸も検討しましたが、「自由に内装がいじれる」ファミリー向け物件は少なく、希望のエリアと価格で見つけることができませんでした。だから、中古マンションを購入してリノベーションすることを決意しました。

こちらは引っ越し前に住んでいた部屋。入居者による改装が可能な賃貸でした。

立地よし、コストよし!

お腹が大きくなる前に環境を整えることを考えると、物件探し~物件購入~業者選定~見積もり~工事~引っ越しまで半年くらいしか時間がありません。

急いで物件探しをスタート。

お互いマンション派のふたり。知らない土地に家を買うのは怖かったので、以前暮らしたことのあるなじみのエリアで探しました。

リノベーションする前提なので、新築には興味がなく、築40年、69㎡、3LDKの中古マンションが目に留まりました。

夫が不動産業であることをフルに生かし、短期間でものすごい数を探したものの、希望する条件に一致した唯一の物件でした。

通勤の利便性はもちろんのこと、隣は公園、2階以上の角部屋で日当りも申し分ない。ゆくゆくは売却する可能性も視野に入れて立地を選びましたが、人気のエリアにしては割安の物件でした。

しかもこの物件は「リノベーション済み!」と売り出されていたもの。なのに、なぜか売り出しから4ヶ月も買い手が決まらず、値下げされていたのです。

怪しい。これは、なにか「理由(ワケ)」があるに違いない。

窓からは公園の緑が気持ちよい。(写真提供:cowcamo)

内見は必須!

そう思って、さっそく内見へ行きました。

外観は社宅を彷彿とさせる築年数並の建物ですが、リノベーション済みの部屋は、ダークブラウンを貴重とした都会的な内装でした。

アーバンなインテリアが好きな方には魅力的なのかもしれませんが、天然素材や古材に囲まれて働いている私には、新建材だらけのツルピカ空間はちょっと好みではないのですよね。

それはさておき、ワケありな箇所がないか捜査開始です。

現物を確認できるのが、中古物件の良いところ。広さも充分、思った通りの日当りの良さと、窓から見える木々がとっても素敵。静かで道路の騒音も気になりません。

お部屋だけでなく、マンションの管理状況やご近所さんの雰囲気、周辺の環境チェックも必須です。

スーパーやコンビニ、クリーニング屋さん、小中学校などはもちろんですが、エントランスや集合ポスト、駐輪場やゴミ収集所などがすさんでいないか、道路側からベランダをチェックして、ゴミ屋敷みたいな部屋はないか、掲示板に苦情の注意書きなどがないかもチェックすると安心です。

特に築年数の古い物件は、大規模修繕や修繕積立金などの情報も不動産屋さんに確認しましょう。

beforeの内装はこんな雰囲気。(写真提供:cowcamo)

落とし穴がいっぱい・・・

そして見つけた、内見に行かなければ気づかなかったであろう落とし穴が以下でした。

その1:頭がぶつかる浴室ドア
身長160cm以上の人は必ず頭が当たる高さです。私は当たらないけど、夫はかがまないとぶつかる。

その2:キッチンに電子レンジが置けるところがない
単身用のコンパクトな冷蔵庫ならその上に置くという手もあるけれど、ファミリータイプの冷蔵庫ではそれも無理。

その3:二重サッシの取り付け方が妙
断熱と防音効果があり、うれしい二重サ