toolboxスタッフである、私の自邸リノベーション実録です。中古マンションの購入から完成までを、全3話の連載でお届けします。

20代と30代の夫婦で、おなかの中にはまもなく産まれる第1子。時間も予算も余裕のなかった私たち夫婦が、最速期間でやりきった4ヶ月間。

家づくりって楽しいけれど、タイトな時間で決めることが多くて、知識もイメージもないところからのスタートは、なかなか大変なことです。だから、できる限り準備をしておくことをおすすめします。

私たちの経験が、これからリノベーションをしようと検討している方の参考になれば幸いです。

第1話では、物件購入するに至った経緯と、物件探しの条件や購入の決め手になったことについてお話ししました。

第2話はプランニングと素材選びのコツについてお話ししました。

最終回の第3話は、「工事を進めてわかった問題点」について。リノベーションで起こりうる、さまざまな予想外の事態。それは我が家でも例外なく起こりました。また、toolboxユーザーにはおなじみの「施主支給」についてもお話しします。

工事は解体からスタート

マンション購入から、2回の内装打合せを経て、半月後に解体工事がスタートしました。

ちなみに、打合せ回数2回で着工というのはかなり特殊なことで、日頃仕事でお付き合いがあり、意思疎通が取りやすい工事業者さんだったからできたこと。中古マンションリノベーションの設計に要する期間は2ヶ月程度が一般的です。

この時点で仕上げや使うパーツを全部決めていたわけではありませんでしたが、もちろん、ある程度内装が決まらないと工事に着手できません。

我が家の場合、以下は工事がスタートしてから決めることにしました。

・照明を付ける場所は決めたが、どの照明を使うかはまだ未定。
・洗面ミラーや棚の取り付け高さは身長に合わせたいので、現場で決めたい。
・無塗装のフローリングと建具の色とトイレ塗装の色は、ある程度できあがった現場を見てから決めたい。
・細かいパーツも自分で選びたい。

私たちの場合、かなり細かい部分まで希望を伝えていたので、いつまでにどこを決めないといけないか、現場の作業が止まらないよう確認しながら進めました。

剝がしてみないと分からない

リノベーションでは、予想外のことがたくさん起こります。なぜなら、剝がしてみないと、壁の裏側、天井の裏側は見えないから。

上の写真の通り、元のビニールクロスは綺麗に剥がれました。もとのクロスの薄紙が残っており、この上に直に塗装をすると薄紙がふやけて浮いてしまうリスクがあるため、普通はベニヤ・石膏ボード・塗装用壁紙などで塗装下地をつくってから塗装をするのですが、職人さんと相談し、リスクと補修方法を理解したうえで、コスト優先でそのまま塗ってもらうことにしました。幸い、綺麗に仕上がったのでひと安心。

下の写真はリビングダイニングの天井解体の様子。どのくらい高くなるのかは、剝がしてみないとわかりません。天井が高くなって部屋が広く感じることと、無骨な質感のコンクリートが出てくることを期待していましたが…

結果は10cm。

「うーん、まぁこんなものか。」

15cmくらい上がったら良かったけれど、まずまずな結果ですかね。そして、期待していたコンクリートではなく、壁紙が貼られた天井が出てきました。

「あれ、想像と違う。」

これは、建築当初の内装がコンクリート躯体に直接壁紙が貼られた「直天井(じかてんじょう)」だったということ。コンクリートに貼られた古い壁紙をきれいに剝がすのは、とても難しいんです。できないことにわがままを言ってもしょうがないので、プランを軌道修正するしかありません。想像していた無骨さは諦め、プレーンな塗装天井に仕上げてもらいました。

こちらはキッチン壁の解体。腰より下の高さに給排水の配管が通っているとのことで、配管を隠すために、壁が厚くなっていました。

ここには黒いタイルを貼りたくて、空洞になっているであろう高めの位置は壁をくり抜き、スパイスを置ける段差をつくる想定です。

そこで一部の壁を解体してみると、今度は以前の内装の白タイルが出てきました。タイルに書かれた赤ペンの文字は、前回の工事の形跡。リノベーションでは、まるで発掘のように、建物の歴史が発見されるのです。

白タイルが現れた部分は塗装仕上げの予定ですが、そのままでは塗れません。タイルを剝がすのは大変な労力とコストとお隣さんへの騒音の問題があり、上からベニヤを貼って調整してもらいました。