自分好みの空間に部屋を改装することができるDIY賃貸。住む人にとってはうれしいことですが、何から手をつければいいかわからないことも。

一方、物件を管理する側は、入居者に自由に暮らしを楽しんでもらいたいと思う反面、どんな改装を施されるのかという不安が拭いきれないもの。

今回は、初心者でも気軽にDIYを楽しみやすく、管理する側にもうれしい方法でDIY賃貸を運営している「アパートキタノ」を取材してきました。

合板貼りの箇所「だけ」自由に改装OK

アパートキタノは、京王線・北野駅から徒歩15分ほどの場所にある、築26年の単身向け賃貸アパート。玄関を入ると洗濯機置き場があって、キッチンがあって、バス・トイレ・洗面一体の3点ユニットがある、広さ約18㎡のよくあるワンルームの間取りです。

普通のワンルームとちょっと違うのは、床全面と壁の一面に合板が貼られていること。この合板貼りの部分は、釘を打っても、ビスで棚を取り付けても、ペンキやオイルを塗ってもOKなんです。

「ワンルームに住む人でDIY経験が多い人なんて、そうそういないじゃないですか。“どこに何をしてもOK”だと、どこから手をつければいいかわからなくて、結局何もしないということになってしまうかも…と思ったんです。DIYしてもいい範囲を絞れば、“ここだけなんだったら、何かやってみようかな”という気持ちが起こりやすくなるんじゃないかと考えました」

そう話すのは、アパートキタノの企画運営を行っている加藤渓一さん。加藤さんは「妄想から打ち上げまで」というスローガンで、設計から工事まですべてのプロセスに施主を巻き込んだ空間づくりを行う「HandiHouse project」のメンバーとして活動しており、DIYを取り入れた暮らしの提案を行っています。

「八王子エリアには大学や専門学校がたくさんあって、まわりは同じようなワンルーム賃貸ばかり。アパートキタノの大家さんは、このままだと家賃を下げるしか他の物件との競争力がなくなってしまうことに悩んでいました。そこで、兼ねてから構想していた“合板を貼った部分だけ改装OKなDIY賃貸”を大家さんに提案したら、“いいね!”と、採用してくれたんです」(加藤さん)

合板仕上げは複数種類あり、入居者はラワン合板、シナ合板、MDF合板、ラーチ合板、OSB合板から好きな合板を選ぶことができるシステムになっています。床と壁に貼った合板は規格サイズのまま、もともとの壁に間柱を取り付けて、そこにビスで留めているだけ。入居者が別の板に取り替えても良いし、合板を取り外して別の何かを作るのも、自由です。

「DIYしてもいいのは合板のところだけなので、物件を管理する側も“何をされるのかわからない”という不安がなくなって、安心してDIY賃貸として貸し出すことができます。合板は手に入れやすい素材なので、リフォームも原状回復も簡単です」(加藤さん)

「古い内装のままDIY賃貸にすることもできるけど、“お金を掛けたくないからDIY賃貸”とか“古くて汚いから直す”とか、DIYの理由がネガティブなものになるのが嫌でした。DIYが、暮らしを楽しくするためのプラスの行為として日常にある、そんな暮らし方を提案していきたいんです」(加藤さん)

とはいえ、「DIYすることを押し付けたくはない」とも話す加藤さん。そのため、アパートキタノでは、“DIYしなくても住める空間デザイン”を目指したそう。「これを設置するだけで空間がぐっとカッコよくなる」(加藤さん)と、『ミニマルキッチン』『木製ミニマルキッチン』と『フラットレンジフード』を採用していただきました。

加藤さんは、この「壁一面と床を合板貼りにして改装OKにする」スタイルを「キタノ式」と呼び、全47戸あるアパートの部屋を、入居者の退去のタイミングに合わせて数戸ずつリフォームして、DIY賃貸として貸し出しています。

「でも、入居者が実際にどこまでDIYを楽しんでくれるかは未知数でした」と加藤さん。
しかし、DIYがある暮らしを身近にするための仕掛けは、空間だけでなく運営方法にも施されていました。

片付けや模様替えの延長線上でDIY

今回、「キタノ式DIY賃貸」での暮らしを見せてくれた入居者は3名。その部屋は、本当に同じ賃貸物件…?と思うほど、住人それぞれの個性が溢れた部屋になっていました。