賃貸住宅の空間にポイントとなるキッチンを。(W1500×D600)

本物の木でコンパクトキッチンを

家具のようにあたたかみがあるのが魅力の木のキッチンですが、長らく設計をしてきた僕にはひとつ不満がありました。

賃貸住宅やオフィス用のコンパクトなキッチンでは、木目調のシートを貼ったものはあっても、本物の木を使っているものはないということです。

あまり広くない賃貸住宅の空間で、キッチンはコンパクトにせざるを得ないかもしれないけれど、部屋の印象を左右する大事な要素でもあります。

だからこそ、チープではない、質感のある良いものを使いたい!

なければ、自分たちでつくってしまおうということで、完成したのがこの『木製ミニマルキッチン』です。

ミニマルキッチン』『ホワイトミニマルキッチン』に続く、toolboxオリジナルのミニマルキッチンシリーズ第3段。

木のぬくもりを感じられるコンパクトなキッチン。

万能なラワン・シナ・バーチの可能性

面材に使用しているのは「ラワン」「シナ」「バーチ」の合板です。

ラワンはラフな雰囲気ながら、使い方によってどこか上品で懐かしさも感じる素材。色の個体差が大きいのですが、試行錯誤して見つけた塗装により、色味を馴染ませることに成功しました。

深い色合いが、どこか上品さも感じさせるラワン。(撮影:中村晃)

シナは建築家の手掛ける住宅で内装材に使われることも多い素材で、白っぽく主張しすぎない素材感が特長。白い壁にオークのフローリングといった、すっきりと清潔感のあるインテリアにぴったり。

シンプルな素材を引き立てるシナ。作業台を用意して、本格的に料理を楽しむキッチンにも。

バーチは北欧家具で使用されることが多い材で、木目は主張しすぎず、やさしく上品な印象。シナとラワンのちょうど中間くらいの存在感で、どの現場にも馴染みやすい素材です。

オーダーフラッシュドア』のシナやラワンの扉と合わせて使うのもおすすめです。

面材は表情の異なるラワン・シナ・バーチの3種類。(写真はどの現場にも馴染みやすいバーチ)

使い勝手にも、しっかりこだわりを

木の面材ということで、汚れやシミなどが気になるかと思いますが、ご安心ください。仕上げには、表面を保護する水性ウレタン塗装を採用。本来はフローリング用に開発されたもので、磨耗性・対薬品性に優れています。

ツヤが少なくマットな仕上りなので、無塗装のシナ本来の雰囲気に近いのが特長です。

天板はステンレス。横から見た時の天板部分の厚みはわずか1cmで、シャープに見えるように仕上げました。仕上げは、傷が目立ちにくいバイブレーション仕上げ。よく見かけるヘアライン仕上げと比べると光沢が少なくマットな印象です。