ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
真鍮ペーパーホルダー
金色に輝く紙飾り
商品名:

真鍮ペーパーホルダー

真鍮製の紙巻器です。かんざしのような挽物のハンドルを操作して、ペーパーを交換。ダブルはタオル掛けにも使えます。

購入はこちら
サイズ感はこんな感じ(写真はシングル)。

サイズ感はこんな感じ(写真はシングル)。

ダブルタイプ。ペーパー補充用にも◎、タオル掛けにも◎!

ダブルタイプ。ペーパー補充用にも◎、タオル掛けにも◎!

切削痕がそのまま残された挽き物のハンドル。

切削痕がそのまま残された挽き物のハンドル。

ハンドルの反対側はネジタイプ。くるくるっと回してペーパー交換。

ハンドルの反対側はネジタイプ。くるくるっと回してペーパー交換。

待望の真鍮紙巻器

きっとお待ちかねの方も多いのでは?
以前よりご好評いただいている「ペーパーホルダー」の真鍮バージョンです!

意外と真鍮製の紙巻器を探してみると、ちょっと凝ったデザインのものが多かったり、カバーがついていたり・・・とこういったシンプルなカバー無しのタイプってなかなか見つからないんですよね。

デザインは最小限に。でもこだわる部分はこだわって。
そこで出来上がったのが、この真鍮ペーパーホルダー。

サイズは2展開、使い方いろいろ

サイズは、トイレットペーパー1個用のシングルと、2個用のダブル。
ダブルは、幅が275mmありタオル掛けとしても使えるので、ペーパーホルダーとお揃いのタオル掛けをトイレに・・・なんてことも出来ちゃいます。更にダブルは、キッチンペーパーにも使える大きさなんですよ。トイレだけでなくキッチンにも、是非。

使い道や使う場所は、自分次第。
このカバーのないバーだけのデザインだからこそ、使われ方を選ばない優れものになれるんです。

こだわりの部分、挽物ハンドル

今回は挽物のハンドルを操作してペーパーを交換するタイプ。ハンドルをくるくるっと回して、バーにトイレットペーパーを差し込み、バーの先端をネジ穴にきゅきゅっと回し込むだけ。
挽物(ひきもの)とは、旋盤や轆轤(ろくろ)に材料を取り付けて回転させ、刃物を当て削り出しながら円形の物をつくる伝統的な技術のこと。この技法を使うことで、歪みないキレイな円形へと仕上がるのです。そして、金属の塊から削り出しているので、出来上がったものももちろん無垢の真鍮の塊。

兄弟商品の「ペーパーホルダー」のようなシャキッという機械的な装着感はありませんが、「真鍮」というイメージにぴったりな淑やかさを感じます。まるでトイレットペーパーにかんざしがささっているかのような。

しかしフェミニンになりすぎないのは、仕上げが金属素材を生かし、軽くサンディングが施されているだけだったり、挽物の切削痕がそのまま残されているから。無塗装の状態でお届けするので、使用していくうちに徐々に古美色へと変化していく様も存分に楽しめますよ。

この商品を使った事例「Pin-up」はこちら

(担当:homma)

【真鍮ペーパーホルダー】の全2商品

真鍮ペーパーホルダー
シングル
¥7,992
サイズ:W149×D97×H25mm 素材:真鍮 仕上:素地研磨 付属:取付用ビス2本
真鍮ペーパーホルダー シングル
真鍮ペーパーホルダー
ダブル
¥8,856
サイズ:W275×D97×H25mm 素材:真鍮 仕上:素地研磨 付属:取付用ビス2本
真鍮ペーパーホルダー ダブル