そのまま住めてしまうほどきれいな中古のマンションを購入されたMさま。間取りが元々暮らしやすそうで大きく変える必要はないものの、フローリング、建具、壁紙など住まいの基本的な要素は好みのものに変えていくことに。

既存の設備も活かしながら、toolboxのアイテムを多く採用いただきました。

リビングの顔になるガラスドアは「アイアン塗料のチャコールグレー」という色味。レバーハンドルもtoolboxの「ヘキサレバーハンドル ニッケル」を採用いただいています。

リビングに向かって右手の押し入れだった場所はたっぷりの収納として残しつつ、扉を「オーダーフラッシュドア ラワン」に変更しています。

ダイニングにも多くのtoolboxのアイテムが。
toolboxのライトたちと一緒に、「吊りフック」を使って植物も一緒にディスプレイ。

続いてキッチン。

壁には「フロストタイル艶あり 二丁掛」を採用いただきました。キッチンは天板やシンク、引き出しなど本体は既存利用しつつ、引き出しの扉はピカピカした素材からラワン材で造作したものに交換しています。馴染んでいるレンジフードも黒いものに交換…ではなく、元々ついていたものにアイアン塗料を塗って雰囲気を合わせています。

玄関にもtoolboxのアイテムがたくさんです。靴収納の扉には「把手の金物」が。有孔ボードの穴の間隔にぴったり。

最後に洗面もご紹介。

面材はキッチンと同じく既存の洗面台に合わせてラワンで造作。「レトロエイジタイル」をあわせていただいています。「ラワンの洗面ミラー」は500×600と縦でも横でも使えるサイズ。こちらは横長に設置されています。ミラーの上についているのは「工業系レセップソケットブラック」です。繊細な印象のタオルバーは「ハンガーバーφ6真鍮」の W400のもの。

Mさまの場合はマンションの購入の際のリノベーションですが、新築から住み始めてどうも気になるところがある…。そんな方はこんな風に既存のいいところを活かしながら部分部分に手を入れていくリノベーションもいかがでしょうか?

(小林)