今回の物件は、大阪の繁華街に位置し、なんば駅まで歩ける距離にある築40年になるマンションです。専有面積60平米のお部屋を3DKから1LDKにリノベーションしました。

ASSYが提供しているサービスは、「素材やパーツがあらかじめ決まっていて、間取りは自由」という空間のパッケージです。
今回の物件はまさに、ASSYの「間取り自由」という特徴をそのまま生かし、住む人が、そこでの暮らしを想像できるようなプランに仕上がっています。 

早速、間取り自由で出来上がった「3つの暮らし方」を、ご紹介していきます。

最大の特徴は、回遊性

今回のリノベーションで大きく暮らし方を変えたのは、回遊できる間取りです。お部屋の中央にバスルームを位置し、それを囲んで洗面、キッチン、リビング、寝室と各部屋の機能が一周する形で繋がっています。そう、全て部屋で繋がっているため、廊下がないんです。

廊下を無くして各居室の有効面積が広くなり、加えて、プライベート動線とパブリック動線を上手に使い分けることで、過ごし方の切り替えができるように考え込まれています。

お友達を招いたときは、キッチン側を通って、リビングダイニングに繋がる表動線を使い、プライベートでは寝室側の裏動線を使ってと、玄関とリビングを繋いで、左右にオンオフを分けることができます。

 

玄関からキッチン、リビングと繋がるパブリックな動線
玄関からキッチン、リビングと繋がるパブリックな動線
寝室から玄関へ繋がるプライベートの動線
寝室から玄関へ繋がるプライベートの動線

ウォークインクローゼット+ワークスペース

次にご紹介するのは、ワークスペース。
実はこの物件のワークスペース、4.4帖のウォークインクローゼットの中にあるんです。

仕事部屋を一つ用意するとなると限られた面積からスペースの確保が必要になるし、最近では、リモートワークのニーズから、リビングや廊下にデスクスペースを設けるなんてこともありますが、今回はウォークインクローゼットの中に。

このワークスペースでの居心地はなんといっても、適度なスペースから生まれる篭り感ではないでしょうか。ここで仕事をしたら、集中力があがりそうです。
さらにこのちょっとしたスペースに雑誌や本を並べたり、何か収集癖がある人は、好きなものを置いたりと、そんな趣味部屋のスペースにも活用できそうです。

そして、ワークスペースの壁越しにちらっと見える寝室。
ウォークインクローゼットから繋がっているので、作業して疲れたらそのまますぐにお昼寝ができてしまうという贅沢な動線になっています。

洗面とはまた違う存在、化粧カウンター

最後に、寝室とバスルームの間に置かれる化粧カウンター。
この物件で、バスルームに繋がってるのは寝室です。その間に置かれてるのがこの化粧カウンター。一日の締めくくりにお風呂に浸かって、最後にこの化粧カウンターでお顔をポンポンして、疲れを癒したい。
その時間は、日常使いの洗面とはまた違った過ごし方となり、
「落ち着き」や「整う」という癒しを与えてくれ、住む人の気分をリセットしてくれる気がします。カウンター一枚だけど、どの場所に設置するかによって、暮らしの中で大事な存在になる、そんな気付きをくれるスペースです。

このように、住む人に合わせた自由な間取りで暮らしを作っていくことができるのがASSYの魅力です。是非、自分だったらどんな暮らしをしたいかを想像していただき、ASSYで落とし込んでみてください。

 

最後にもうひとつ紹介したいASSYの魅力。隠れた収納使い。

ASSYは住む人が自分の好みをコレクションできるように、さりげなく物を置ける場所を所々に散りばめています。

例えばヘッドボードの上。10cmほどの幅ですが、このスペースがあることで絵や時計など自分の好きなものを飾ったりすることができます。

玄関や洗面の壁を覆っているのは、ラワン材を使った有孔ボードです。
仕事から帰ったときにそのまま置いておきたい鍵やカバン、棚の中にしまうまでもないけど、日常的に使う、石鹸やヘアゴムなどの小物たち。
お好みでフックを引っ掛けられて、好きな位置に収納することができます。

定額パッケージだけれど、住む人がどんな暮らしをするかによって、決して同じものにならない、それがASSYです。
大阪でも、ASSYから始まる暮らしが広がっていくと嬉しいです。

定額制パッケージリノベーション『ASSY』について詳しく知りたい方はこちらASSY特設ページをぜひご覧ください。

(オビ)

関連する読みもの
ASSYでリノベーションした他の家の記事は『ASSYの事例Pin-up記事』をご覧ください。

 

 

使われている商品