工業系レセップをキッチンの手元灯としてお使いいただいた事例をご紹介します。

爽やかなタイルが2列で壁を飾る中、その上に設置された工業系照明。
キッチンを無骨な感じにしたいと思って探し、やっと見つけた照明だったそうで、
「主張しすぎないのに、存在感があって、私のキッチンに対するこだわりをしっかり表現してくれています!」と大絶賛いただきました。
確かに2つの明るさで調理もしやすそうですし、ちょうどよいアクセントになっています!

1つより、2つ並んでいるのが愛らしくていいですね。

毎日の料理が楽しくなるようなキッチンの事例ありがとうございました!

紹介している商品

LT-BR001-01-G141
¥2,800

関連する事例記事

ノスタルジックを愛でる家
ノスタルジックを愛でる家
ツールボックス工事班が工事を担当した、懐かしさを残しつつも清潔感や使い勝手を今の暮らしにマッチさせた賃貸リフォーム事例です。
家の北から南を走る「土間」!雨の日だってアウトドア気分を味わえる
家の北から南を走る「土間」!雨の日だってアウトドア気分を味わえる
家の半分が土間!フローリングはリビングと寝室のみというお家をご紹介。玄関開けてすぐ、北側にLDKを持ってくる大胆な発想ですが、そこには納得の理由がありました。
屏風絵の家
屏風絵の家
軽井沢の大自然の中に建てられた、ダイナミックな景色をありのままに感じられるよう計画された別荘の事例をご紹介します。
付かず離れず。心地よい居場所が点在する住まい
付かず離れず。心地よい居場所が点在する住まい
築38年70㎡のマンションをフルリノベーションした、事務所兼ショールームでもある「さんかくデザインラボ」の主催者・西山涼二さんの自邸。オフィス機能とプライベート空間が共存するひと繋がりの空間は、付かず離れずそれぞれの居場所が心地よい距離感を保つための仕掛けが散りばめられていました。