お話を伺うお相手の加藤さん、「うーん、そうだなぁ」と腕を頭の上で組みながら話しはじめてくれました。
お話を伺うお相手の加藤さん、「うーん、そうだなぁ」と腕を頭の上で組みながら話しはじめてくれました。

家にあがってすぐ目に飛び込んできたのは、漫画がぎゅうぎゅうにつまった棚。この印象的な本棚があるのは、グループ会社である『東京R不動産』のスタッフ加藤さんの家。

加藤さんとはグループ会社で働く同士ということもあり、普段から何気ない会話をするような関係でしたが、改めて家についてお話を伺うのははじめて。不動産仲介を行う加藤さんならではの視点はもちろん、漫画やサブカルチャーが好きだという加藤さんならではの個性的な家へのこだわりまで、深掘りしてきました。

加藤さんの家族構成はご夫婦・娘ちゃん・猫のハルチンの、3人と一匹。購入した物件は荻窪にある50平米強のマンションです。

リノベするのにちょうどいい物件をノリで購入

そもそも、どうして物件購入をしてリノベすることになったのか。不動産屋の不動産との出会い、まずはそこから伺いました。

不動産屋が選んだ “頑張りすぎない” パッケージリノベーション3

「元々住んでいた部屋の雨漏りがやばかったんで…」

今までは店舗も入ったワンフロア住戸の賃貸に住んでいたそうですが、それなりの古さ、奥さんの出産もあり家探しを始めたそうです。

雨が降るたびに苦労し、早く引っ越したくて賃貸を中心に見ていたけれど、たまに見る売買物件のなかに、この物件を見つけます。

さらに購入を後押ししたのは漫画「西荻夫婦」だったといいます。

夫婦で好きだというこの漫画のタイトル通り「西荻夫婦、続けちゃう?」ってノリで決断したそう。

夫婦で好きだというこの漫画のタイトル通り「西荻夫婦、続けちゃう?」ってノリで決断したそう。

西荻夫婦はタイトルの通り、西荻で生活する夫婦の物語。漫画が家づくりのきっかけになるなんて漫画好きの加藤さんならでは。

その他にも、西荻窪エリアに住んで長い加藤さん、R不動産に入る前は夜に喫茶店のマスターをしていたこともあり、この土地に愛着があるのだとか。

不動産屋の目線から、物件としては突飛に面白いことはないかもしれないけど、好きなエリアでちょうど大規模修繕の終わったタイミング。

共有部も落ち着いてるし、管理人さんも良さそうなおっちゃんだなと、抑えるところは抑え、自分の予算からはみ出さない身の丈物件を見つけられたんだそう。

そのままで住むには少し古い内装や設備も、むしろそれならリノベするのにはちょうど良い物件だと購入の準備を進めることに。

「これでいい」がしっくりきた

物件の購入と同時に考えなければいけないのはリノベーションの費用のこと。

ローンに組み込むのであれば、リノベ費用をいくらに設定するかが購入に際して肝になってきます。

そんな中で選んでくれたのがパッケージリノベーションの『ASSY』でした。

「物件購入はスピード勝負です」とは、不動産屋さんらしい一言。

「物件購入はスピード勝負です」とは、不動産屋さんらしい一言。

ASSYは面積で決まるパッケージ価格なので、金額よし。
使う素材はあらかじめ決められていて迷う必要がない、雰囲気よし。
そして、家族3人と猫一匹で西荻夫婦ができれば、よし。

と、今までの仲介経験から「あれもこれも」と背伸びをせずに自分のボーダーラインを見定めたんだそう。

猫の「ハルチン」。名前の由来も漫画から。

猫の「ハルチン」。名前の由来も漫画から。

「カッコつけるのがカッコ悪い、みたいな感覚が僕の中にはあって。普通でいいんですよね。気張らなくていいんです、手が抜けるところは抜きたいというか。」

加藤さん、たくさんの素敵な物件をみてきて憧れもあれば、物件の良し悪しを判断できる目も肥えたと言います。

ただ、自分がやるとしたら「実際にこれはイケてるんだろうか?」と逆にハードルが上がってしまい自信がなかったとも言います。

だから、頑張りすぎずに特別なことはしなくて良くて、程よくイケていればいい。
家族との生活が受け入れられるベースであればよいと、普段から通りかかるtoolboxのショールームで見てきた身近なASSYに安心感を感じて選択してくれたそうです。

自分が手に入れたいと思うものや手に届く範囲はどこまでなのか、「物件購入だ!」のテンションに惑わされずに落ち着いて最短ルートを辿ったという。

加藤さんの少し天邪鬼な性格が、ある程度決められた部分のあるパッケージリノベーションと好相性だったようです。

パッケージとの付き合い方

間取りが自由という中で、加藤さんは2LDKであることを選択しました。

広いリビングにも憧れたけど、50平米強の範囲で、お子さんの部屋、夫婦の寝室も必要…とすると、奇を衒わないこの間取りは自然と確定したことだったそう。

同じマンションで過去に再販されていた部屋の間取り図を見つけ、水回りで移動できる範囲を確認する加藤さん。不動産屋ならでは。

同じマンションで過去に再販されていた部屋の間取り図を見つけ、水回りで移動できる範囲を確認する加藤さん。不動産屋ならでは。

内装の仕上げと、2LDKの間取りが決まったので、あとは大好きな漫画をどう見せるかに時間を割きました。

「漫画とかって寝室とか書斎に入れちゃうことが多いじゃないですか。でもそれってもったいないなと思っていて、友達が来たときに『あ、この漫画面白いよね』ってコミュニケーションのきっかけになる。

俺、ひとんち行って本棚覗くの好きで、ひととなりが見えて面白いじゃないですか。だからこの本棚はマストだったんです。」

思惑通り「これ面白いよね〜!泣けるよね!」と盛り上がってしまった本棚。

思惑通り「これ面白いよね〜!泣けるよね!」と盛り上がってしまった本棚。

本棚はオフィスの壁にマスキングを貼ってサイズを妄想。どうしても実現したい!と、オプションで追加することに。

本棚はオフィスの壁にマスキングを貼ってサイズを妄想。どうしても実現したい!と、オプションで追加することに。

「あとは、自分なりに生活をイメージしてコンセントとか家具の位置とか、細かい部分に気を配れたかなと思うんだよね。」

素材や仕様で迷う必要がない分、各部屋での過ごし方の妄想を楽しんだそうです。

不動産屋が選んだ “頑張りすぎない” パッケージリノベーション20

寝室内のクローゼットスペースの取り分を考えていたときには思い切って、「クローゼットへ入る通路なんぞムダ!ベッドを飛び越えていけばいい」と、できる限り通路スペースを削って収納を確保しました。

クローゼットには、この30cm幅の通路で!

クローゼットには、この30cm幅の通路で!

未達だからこそ広がるこれからの妄想

そうやって加藤さんなりに解像度を高めながら挑んだリノベ。実際に住んでみてどんな感想を抱いたのでしょうか。

「家って3回作らないとわからないって言うじゃない。仕事柄たくさん家をみてきた