今回ご紹介するのは、東京・代々木に新しくオープンした、アジアンクラフトビールと台湾夜市のローカル感溢れるおツマミを提供するお店、「シーシートーキョー」です。

店名の「嘻嘻(しーしー)」は、台湾語の「嘻嘻哈哈(しーしーはーはー)」という「アハハ!」と楽しそうに笑い興じる様子を表す言葉が由来。お店で楽しい時間を過ごしてもらいたいという思いが込められています。

ガラス越しに見えるネオンサインと照明が、道行く人の興味を引きます。

店舗がある場所は、代々木駅から徒歩3分のところに立つ、ガラス張りのビルの2階。

天井のネオンサインと特徴的な照明デザインが目に留まり、思わず「なんのお店だろう?」と覗きたくなるような店構え。そんな風に覗かれたお客様が「クラフトビールのお店なんだ」とすぐに気づけるよう、窓際の目に入る位置にタップが設置されています。

照明の朱色のラインが差し色に。ユニークな照明のアイデアが、空間をリズミカルに彩ります。

内装は、台湾の街中でよく見かける淡いエメラルドグリーンを基調に、台湾のイメージカラーでもある朱色をアクセントに取り入れ構成。現地の街角の雰囲気を再現しています。

印象的な天井のネオンサイン。実は、ファサードのガラス面に出せる看板サイズに制限が設けられていたため、大きなサインを外に向けて出すことができないという問題に対して、どうしようか悩んだ末に閃いた設計士さんのアイデアから生まれたものなのだそう。

「天井に照明として設置すれば雰囲気も出るし、下から見上げた時に道行く人にサインとして視認されるし、一石二鳥なのでは!」見事な発想の転換によって、無事、看板問題が解決されました。

お店の一番の目玉は、日本で開業するにあたり「どうしてもラインナップに加えたくて、必死で口説き落としました」という、台湾のブルワリー「UGLY HALF BEER」のクラフトビール。

「台湾クラフトビールのおもしろさをたくさんの人に知ってもらいたい」そんな思いから、台湾・東京・静岡・大阪で暮らすそれぞれの仲間が集まり開店準備を進めてきました。

日本初進出となる台湾のブルワリーのビールをはじめ、シンガポールや香港、日本のクラフトビールなど12種類のビールを常備しつつ、食事にもしっかりこだわり、ビールに合う現地ではお馴染みの定番料理の数々を用意。ビールが苦手な人向けに台湾茶割などのアジアンドリンクもラインナップしています。

「色々なビールを試しながら自分好みを探してもらえたら」とタップ数にもこだわったため、サーバーのレイアウトにはかなり苦労したと言います。

佇まいが愛らしい台湾の万能調理器「大同電鍋」は、炊飯や蒸し調理、煮込み調理に使えて同時調理もできるという優れもの。

厨房の背面の壁に使われているのは、『フォグタイル』クラウドグレー。マットな質感の落ち着いた雰囲気のタイルが、キッチンに置かれたアイテムたちを引き立てます。

一人でも気軽に入ってもらえるようなお店にと、カウンターの距離感は意識して近めに設計。台湾屋台のような、気軽な交流を楽しめる場に。

お店の人気NO.1メニューは、台湾の夜市で有名な「台湾風フライドチキン_大雞排(ダージーパイ)」。白胡椒や五香粉などをブレンドした特製スパイスが効いた、ビールが進む一品です。

クラフトビール片手に現地の定番ソウルフードに舌鼓を打ちながら、束の間、台湾にいるかのような気分が味わえる居心地の良いお店に仕上がっています。

奥にテーブル席も用意されています。

洗面は『フォグタイル』クラウドグレーと『ミニマルシンク』の組み合わせ。

水回りはトーンを抑えステンレスで統一させてすっきりと。『ミラーLED電球』の反射光が壁面をムーディーに彩ります。

注がれるビールの絵力。く〜。見ているだけで喉が鳴ります。タップだけでなく、テイクアウト可能な瓶ビールの販売もしています。

前職が化粧品メーカーの海外事業部勤務という、ユニークな経歴を持つオーナーが手掛けるお店。実は、2021年に台湾に「日本の家庭料理×日本のクラフトビール」を楽しめるお店をオープンしており、今回のお店は その系列店にあたります。

台湾の方に「日本食と日本のビールを楽しんでもらう」ことがテーマだった最初の店舗に対し、今回は、日本の方に「台湾料理と台湾ビールを楽しんでもらう」ことが狙い。

クラフトビール好きの方、台湾料理が好きな方はもちろん、手軽に台湾の雰囲気を味わってみたい方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?きっと「嘻嘻哈哈」笑いに満ちた楽しい時間を過ごすことができるはず。

日本にいながら、手軽に台湾旅行気分を味わうことができる素敵なお店です。

(写真提供:土屋光司)

台湾夜市料理とアジアンクラフトビール | シーシートーキョー

合同会社ウェルカムトゥドゥ|todo

「To do is to be.」つくり続けることが自分たちの使命だという考えのもと、設計施工を軸に、グラフィックからプロデュースまで「場所づくり」に携わる活動を行う集団です。
また、映画と食を中心に仲間が集う、 路地裏の文化会館路地裏文化会館「C/NE」や、台湾屋台縁食区 「CHI-FO」の運営もしています。

テキスト:八

関連する事例記事

「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
奥行きを生かした町家のような住まい
奥行きを生かした町家のような住まい
絵本などの書籍編集をされている家主が、将来家庭文庫を開くことを想定してつくった住宅。細長い敷地の特徴を活かした、町家のような住まいをご紹介します。
差し色に妙あり!意外な部分を配色の味方に
差し色に妙あり!意外な部分を配色の味方に
巾木、床の見切り材、タイルの目地……時に“脇役”ともされてきた要素を味方につけて、オリジナリティ溢れる配色に仕上げたお家をご紹介します。
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、戸建住宅のリフォーム事例のご紹介です。既存の雰囲気を壊さないようにしながら設備をアップデートして、家族が快適に暮らせるように整えていきました。