撮影:石井航

ふんだんに使われた木が柔らかな印象を与える1階のリビング。

階段の蹴込板をなくしたことで、視線が抜ける開放的な空間になっています。

撮影:石井航

東側ウッドデッキに面した窓や2階から光を取り込むことで、南側に開口できない環境でも気持ちの良い明るいリビングを実現しました。

大きな窓からは日の光が燦々と降り注ぎ、ついついお昼寝したくなりますね。

中央の棚も背板がないため、収納スペースを確保しつつリビングの奥まで見通せるように。ダイニングにも光が届きます。

撮影:石井航

キッチンには、木が多く使われているこの空間に馴染むラワンの『木製システムキッチン』とステンレスの『フラットレンジフード』を組み合わせています。

コンロ周りの壁はコットンカラーの『水彩タイル』。淡い色合いと光沢が、空間に奥行きを生んでいます。

撮影:石井航

2階ホールの床は、一部がルーバー状になっています。ルーバー越しに日中の陽が1階まで届くだけでなく、上下階の空気も循環しやすくなるので冷暖房の効率を高める効果が期待できるのだとか。

また、この家は個室を完全に仕切らず、家全体が緩やかに繋がる構成になっています。

例えば、奥の部屋は扉の代わりにカーテンを設置。開けっぱなしにしやすく、さらに透け感のある素材のカーテンを使っており、光や奥行きが感じられるようになっているのです。

撮影:石井航

洗面室の出入り口は、ドアの代わりにアーチ型の入り口にすることで場を切り替えています。

アーチをくぐった先の洗面所には、みたらし色の『ハニカムタイル』と『壁付けラボレバー混合栓』を採用していただきました。

撮影:石井航

ホールに備え付けられたオープンなデスクスペースの横には『棚受け金物』を使った棚を設置。

好きな雑貨を飾ったり、季節ごとに違う花を生けてみたり…。みんなが行き来するスペースにこうした場があると、家族団欒のきっかけを生み出してくれそうです。

ルーバーの床、ドア代わりのアーチ、オープンなデスクスペースなど……。

空間を仕切らない、閉じないことで、明るくて開放感のある空間になっただけではなく、上下階も繋がって、いつでも家族の様子を感じられる家にもなりました。

子供の笑い声や美味しそうな料理の匂いなど、家族で楽しそうに過ごす様子が思い浮かぶ事例でした。

石井航建築設計事務所

“考えること・共有すること・カタチにすること”がコンセプトの設計事務所です。

高円寺の事務所には、つくり手の想いを届ける植物雑貨店「いちまるいち」が併設されています。

  • 「洗面水栓 WK-1:壁付けラボレバー混合栓」は販売を終了しました。
テキスト:金富

関連する事例記事

飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
学芸大学に店舗を構え、国内の旬な食材を使った料理とイタリアのナチュラルワインを提供する繁盛店「リ・カーリカ」さん。その4店舗目としてオープンしたお店は、飲食店・SHOP・オフィス・ラボという4つの役割を果たす、いわば情報発信基地のような場所。様々な要素が混ざりあったお店の様子を早速ご紹介していきます。
里山の眺望を望める見晴らしの家
里山の眺望を望める見晴らしの家
周囲の豊かな景観を楽しめるよう、スキップフロアを取り入れた住まい。手触りが心地よいアイテムで彩られたこだわりの造作キッチンや素材感漂う空間づくりのポイントをご紹介します!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
ツールボックス工事班が工事を担当した、分譲戸建のLDKリフォーム事例です。 部分的にパーツを取り替えて、お直しするように自分好みの空間に整えました。
壁を立てずに家族との心地良い距離感をつくる
壁を立てずに家族との心地良い距離感をつくる
壁を立てて部屋を作るわけではなく、かといって全てが繋がりあった一室のワンルームでもない。部屋の中央に四角い箱を設置することで、家族3人のプライベートな空間を、状況に応じて能動的に作り出せるようにした建築家の事務所兼自邸の事例です。