最初は、新築の建売でお家を探されてたというご家族。しかし思った以上に値段が高く、それでいて床の色が好みじゃなかったりと、自分たちの知ってる選択肢の中で、なかなか納得のいく方法が見つからずにいたんだそう。

そんな時に、リノベーションで施工したモデルハウスの見学会に行き、リノベーションの自由度と可能性にワクワクし、自分たちの家も中古の戸建てを購入しリノベーションをしていくことを決意。

1Fは、家族みんなが気持ちよく過ごせて、暮らしが快適になるように家事動線を意識した間取り。
2Fは、子供部屋や寝室、書斎といったプライベートな空間を集約し、思い思いが心地よく過ごせる間取り。

どのスペースにも自分たちのこだわりを詰め込んで完成したお家の事例を紹介します。

玄関入って広がるのは、大きなLDK。このLDKからつながって、ランドリースペース、洗面、お風呂がぐるっと一周する間取りが特徴です。毎日の家事をできるだけスムーズに行えるように、「洗う干すしまう」が同じ空間でできるように希望されたそう。

リビングから開き戸を開けると、ランドリースペース、その隣に洗面スペース、洗濯機置き場、お風呂場と続き、リビングへと一周します。

ランドリースペースで、洗濯物を干し、そのまま棚に服をしまうことが可能。

キッチンスペースは、ステンレスのミニマルな形をしたフレームキッチンを使用。パントリーの収納をモールテックスの造作台の下に設けることで、すっきりしたキッチンスペースの見た目を維持しつつ、調理で必要な道具をたっぷり仕舞えるように工夫されています。

引き出しをカスタマイズできるステンレスフレームキッチン。今回は食洗機をプラスして、引き出し収納は無しの仕様。空いたスペースに好きなものをスタックできるように。

作業台に並べた料理をそのまま食卓のテーブルに。無駄のない動きとともに、家族で食卓を囲えるようにスペースもゆったりと。

快適に過ごせるリビングには、絶対に入れたかったというハンモック。
お母さんが夕飯を作ってる時間など、目が届くところで子供が遊んでいてくれると安心ですね。

こちらは2Fのこだわりの子供部屋。
建売では実現ができなかったであろう、造作ベッドです。

部屋の中心を緩やかに区切りながらも行き来できるようにし、空間を無駄にすることなく収納もたっぷりと確保されています。ご友人にも、どこで作ったの?と聞かれるそうで、子供たちも自分たちの隠れ家ができたように嬉しそうにここで過ごしてくれて満足してるそう。

予算という制限がある中で、リノベーションだからこそ得られた自分たちの暮らしに合わせた空間づくり。
お施主さんの理想が詰まった素敵なお家でした。

株式会社green建築工房

無垢や木の質感を感じる家づくりを得意とし、大阪・枚方を中心にリノベーション・注文住宅・店舗デザインを提案しているデザイン集団です。

テキスト:小尾

関連する事例記事

好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
「いろんなところに居場所が欲しい」「収納を多く取りたい」そんなご要望のもとに計画された新築の一軒家。お部屋の各所にオープン収納が設置されたお住まいをご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。